つかの4割戦記

勝率4割前後のトホホあくえりプレイヤーの書く、対戦レポート中心の週記です。もしかしたら月記かもしれません。
基本的にカードゲーム アクエリアンエイジ 以外の事を書くことは無いでしょう。
デッキレシピなんかも書いていますが、てきとーに組んでいるか、コンセプトが実用的でない場合が多いので、参考にはならないと思います。

2012/11/03 (Sat)どーしよー、デッキ考えてない

すてきデッキコンテスト15(公認大会:アンチェインスタイル特殊ルール採用) @ カードゲームショップN.N. 参加5名 スイスドロー3回戦

| すてきデッキコンテスト15(公認大会:アンチェインスタイル特殊ルール採用) @ カードゲームショップN.N. 参加5名 スイスドロー3回戦 - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - すてきデッキコンテスト15(公認大会:アンチェインスタイル特殊ルール採用) @ カードゲームショップN.N. 参加5名 スイスドロー3回戦 - つかの4割戦記

せっかく復活した「すてこん」なのに、この日は所用があったので諦めていたのです。だからデッキを全く考えていませんでした。

しかし、その所用が意外に早く済み、13時過ぎには帰宅できてしまったのです。すてこんの開始時間は16:30。移動1時間として、2時間ちょっとでデッキを考えて組めるかしら?

使用デッキ:アタックしません ver4.00

新しいギミックを考えているヒマは無いと思ったので、いにしえのギミックを掘り起こそうということに。で、引っ掛かったのが《水鏡巫女“水樹 鏡花”》のエクストリームスタイル除外以降お蔵入りになっていた、《魅巫女“鹿島 栞”》*1エンジンの引き篭もりデッキだったのでした。詳細はリンク先を。

短時間で考えたにしては、結構いい感じにまとまったと思っています。

正直、デッキができなかったら、ケンカはやめてを使うつもりでした。


対戦の詳細はそのうちに追記予定……かも……


1戦目:魔法少女のお・や・く・そ・く♪2[しるふぃーえるさん]

じゃんけん勝で先攻、相手引き直し実行。

勝利:4-1

2戦目:まあ2人並べばなんか強そうじゃね

じゃんけん負で後攻、引き直しせず。

勝利:1-1

3戦目:高嶺の花[ば~ど☆さん]

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

引分:4-2

結果:2勝1分0敗:3位

対戦だけですと1位タイ→与受ダメージ差で2位→プレゼン後のポイントで2位タイ→すてきポイント差で3位転落だったそうです。急造焼き直しデッキでしたので、まぁそんなもんかなーと思いました。


*1:3F3C 5/4/5 [霊能者] ≪あなたにアタックしたキャラクター≫の攻撃力に-(X)して判定する。≪あなた≫が通常攻撃力の数値がX以上のキャラクターのアタックを受けた場合、通常のダメージ判定を行わず、アタックしたキャラクターの通常攻撃力の数値から-Xした数値に等しい枚数のカードを、あなたのデッキから捨て札する。Xはこのキャラクターのパワーに等しい。

2012/10/07 (Sun)あしたはしごとだー

公認大会(ギャラクシースタイル) @ カードゲームショップN.N. 参加3名 総当たり2回戦

| 公認大会(ギャラクシースタイル) @ カードゲームショップN.N. 参加3名 総当たり2回戦 - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 公認大会(ギャラクシースタイル) @ カードゲームショップN.N. 参加3名 総当たり2回戦 - つかの4割戦記

まるまる2か月ぶりのアクエリです。

ブランクによる勘の喪失に加えて、常態化しつつある寝不足による脳の回転不足が、どのような凡ミスを発生させるかの実験をしてみましょう。w

使用デッキ:巻添え被害者多数 ver1.01

新デッキなんか考えるヒマも無いんで。あ、パーマネント3枚だけは入れ替えましたぜ。

そうそう、やっと「そに子」を買えたんですよ。まだ剥いてませんけど。(テンプレート)

1戦目:フォルナ

過去対戦については調査中。直近2年の間には無いかも。

じゃんけん勝で先攻、相手引き直し実行。

序盤4ターンくらい目まで、場に存在するブレイクカードがこちらの《水蜘蛛忍者》 *11体のみというヌル展開。

そんな相手に、2体の2パワー《エンジェル・ウェイトレス》 *2でアタックされました。(阿羅耶識)ファクターを減らしたくないこちらは全通し。ダメージ置き場に《退魔古武術少女“周防 勝美”》 *3が2枚ほど。

こちら返しのターン。《古武術少女“周防 勝美”》 *4をブレイク。《ブラックエンジェル》 *5とか《ブルマートライ》 *6とかを支配してガード要員を増やしてみました。

相手のターン。《エンジェル・ウェイトレス》ビートを継続。こちらは(阿羅耶識)4ファクターを維持するようにガードしたり通したり。

こちらのターン。《退魔古武術少女“周防 勝美”》は引けません。

相手のターン。《ソードファイター“フォルナ・スウェーデンボルグ”》 *7降臨、3パワー

既に8ダメージなこちら。ブレイクカードが引けませんでした。

相手のターン。《ソードファイター“フォルナ・スウェーデンボルグ”》でアタック宣言、《水蜘蛛忍者》でガード。2回目は悩んで《古武術少女“周防 勝美”》でインターセプト。3回目のアタック宣言に《ブラックエンジェル》でガード宣言したら、《ソニックブレード》 *8されました。

敗北:3-10

2戦目:周防勝美[おやかたさん]

前回対戦は7月22日の1戦目。

じゃんけん負で後攻、引き直し実行。

こちら3ターン目。(阿羅耶識)2ファクターなのに《花忍“樒”》 *9をブレイク宣言する寝惚けプレイング発生。やっぱりなー。よい子は寝不足でアクエリしちゃダメだぞー。

そんなグダ展開に律儀に付き合ってくれるおやかたさんてやさしーなーw。5ターン目まで場にブレイクカードが存在しない展開ってww。ブレイクカードさえ引ければ、相手の《壺振り》 *10とか《リベロ》 *11とか横取りし放題なのに引けないワタシ。

しかし、いかに引きが悪いワタシでも、5ターン目くらいになれば。というわけで、相手支配《壺振り》《水蜘蛛忍者》で、《リベロ》《古武術少女“周防 勝美”》で横取りしました。

こちら次のターン。《退魔古武術少女“周防 勝美”》は引けません再び。しかたなく《古武術少女“周防 勝美”》でそのまま殴り始めるワタシ。

相手のターン。《アヴァンチュール》 *12を使用されました。相手のパワーカード2枚だけ捨て札されました。そして、相手全キャラクターが攻撃力1+(1)で突貫してきました。《天才レスラー》 *13だけ2+(1)でしたけど。

こちらのターン。結局、素のままの《古武術少女“周防 勝美”》で殴り倒しました。

勝利:10-8

お互いに《退魔古武術少女“周防 勝美”》ワントップだったので、先出しゲーでした。

結果:1勝1敗:3位

結局3人とも1勝1敗、与ダメージで最下位でした。《アヴァンチュール》が地味に効きました。


*1:1F1C 3/2/3 [アスリート][マーメイド] ドロー+1

*2:2/(2)/1 [イレイザー][ワーカー] ▼ドロー+1

*3:4F3C 5/6/5 [アスリート] 【“周防 勝美”のみブレイク可能。】 シールド インターセプト このキャラクターがプレイヤーを目標にアタック宣言した場合、≪精神攻撃力を持つキャラクター1人またはブレイクしていないキャラクター1人≫にXダメージを与える。Xはこのキャラクターの攻撃力に等しい。

*4:3F2C 4/3/5 [アスリート] シールド インターセプト

*5:1/(1)/1 [イレイザー][アスリート] ▼チャージ1

*6:1/(1)/1 [トライ][アスリート] ▼ ≪このカードを構成するカードに含むキャラクター≫の攻撃力に+(1)する。

*7:4F3C 5/5/4 [ウォリアー][スキャナー] このカードのセット宣言時に、▼を持つキャラクター1人を指定する。このカードがセットされた場合、≪指定したキャラクター1人≫にこのキャラクターの攻撃力に等しいダメージを与える。 (1):ターン終了時まで、≪このキャラクター≫はブレイクスルーを得、攻撃力に+Xされる。Xはこのキャラクターを構成する“フォルナ・スウェーデンボルグ”の枚数に等しい。

*8:2F1C ターン終了時まで、≪目標のキャラクター1人≫はブレイクスルーを得、攻撃力に+1される。

*9:3F2C 4/3/4 [アスリート] シールド オフェンシブ シンクロ このキャラクターがアタック宣言またはガード宣言している場合、バトルの際、≪あなたの支配キャラクター≫に与えられるダメージに-(2)して判定する。

*10:0/0/1 [アスリート] チャージ1

*11:0/1/1 [アスリート] インターセプト

*12:3F1C メインフェイズ終了時まで、≪ネームレベルでないキャラクター全て≫に-1/-1・+(1)/-1する。この効果で1未満の数値にはならない。メインフェイズ終了時まで、≪ネームレベルキャラクター全て≫に+1/+(1)/+1する。

*13:1F1C 3/3/2 [アスリート][スキャナー] チャージ1

2012/08/04 (Sat)こっちの魂が持つかどうか…

プルドバトル(ギャラクシースタイル) @ カードゲームショップN.N. 参加5名 スイスドロー3回戦

| プルドバトル(ギャラクシースタイル) @ カードゲームショップN.N. 参加5名 スイスドロー3回戦 - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - プルドバトル(ギャラクシースタイル) @ カードゲームショップN.N. 参加5名 スイスドロー3回戦 - つかの4割戦記

今日のN.N.は、プルドバトル→エクストリーム公認→ぶーどら の3連コンボの日だったわけですが、夕方から用事があったので最初のプルドバトルだけに参加してきました。残念です。エクストリームもやりたかったし、ぶーどらに至っては10ヶ月以上やってないし…。

注:このレポは記憶だけで書いてます。スコアだけ書いたメモはあるはずなのですが、そのメモも見当たらない…

8/8:メモ発見w


使用デッキ:アナタの魂、頂きますっ ver1.00

前夜。しこたま残業してから帰宅。それからデッキを考えていたのですが、ついうっかりテレビをバックグラウンドビジョンにしていたわけですよ。倫敦五輪期間中なわけですし。そして深夜1時頃に始まってしまったのです、女子蹴球。3時までテレビに見入っていたワタシは、デッキ原案こそ何とか完成させたものの、スリーブに詰めるより眠気が勝つのは道理ですよね。で、翌日出かける直前までカードをスリーブに詰めているワタシの姿がそこにあったのです。そんな風にあわてていたので、キャラクターカード1種類を間違えていたりします。全く使えないカードではなかったのは不幸中の幸いでした。よい子はマネしないでねw。

1戦目:ミクト・メンカリナン

前回対戦は6月16日エクストリーム公認の3戦目。

じゃんけん負で後攻、キャラクターカードが皆無でしたので引き直し即決。後攻でよかった~☆。

そして相手1ターン目、《山子》*1支配エンドの事故発生。2ターン目に《戦士》*2を勢力放置、3ターン目にようやく(極星帝国)のキャラクター(《三つ目戦士》*3だったかな?)を支配、4ターン目に《ヴォーパルバニー》*4ブレイク&《戦士》支配。

そんな相手に対して、こちらは順調に展開。2ターン目には《飛び級生》*5《斎木家メイド少女“サーニャ・パティル”》*6をブレイクしていて、4ターン目には(WIZ-DOM)も3ファクターに伸ばして万全の構え。

こちら5ターン目。2コスト《極秘プロジェクト》*7を撃って《戦士》ともう1体のパワーを飛ばし、《戦士》《グラマラスバニー》*8で横取り。更に《ヴォーパルバニー》のパワーカードに《春一番》*9を撃ち、《ソウルテイカー“サーニャ・パティル”》*10をブレイクしてパワー0になった《ヴォーパルバニー》を捨て札。ヒドいですね。2パワー《ソウルテイカー“サーニャ・パティル”》で2回アタックしておきました。

相手5ターン目。勢力フェイズに《戦士》が連れてきた《飛刀族》*11を支配。

こちら6ターン目。《ソウルテイカー“サーニャ・パティル”》でアタック宣言、相手は《三つ目戦士》?と《飛刀族》でシンクロガード、こちら《ソウルテイカー“サーニャ・パティル”》《トラストマインド》*12使用してバインド1。ここで相手が投了しました。

勝利:10-0(投了時:8-3)

きっとこちらが先攻だったら結果が逆だったと思われ。じゃんけんが弱くてよかったと思ったり思わなかったり。

2戦目:ヴァルキリーズと思いきや冥王星戦士

ワタシが階段戦に。負けたらここで終了だ、がんばるぞー。前回対戦は6月16日エクストリーム公認の2戦目。

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

相手序盤は(極星帝国)(WIZ-DOM)のファクターをほぼ均等に展開。(極星帝国)メインかと思いきや、捨て札置き場に《ヴァルキリー“ランドグリーズ”》*13が見えたのでヴァルキリーズと判断。

こちらは若干ゆったり目な感じで《斎木家メイド少女“サーニャ・パティル”》をブレイク、(E.G.O.)(WIZ-DOM)両方を3ファクターに。《ソウルテイカー“サーニャ・パティル”》をブレイクした時に捨て札したのは(WIZ-DOM)のキャラクターにしたはず(よく憶えていません)。

相手その後は(WIZ-DOM)は2ファクターのまま、(極星帝国)の方が伸びていきます。

そんな状況での相手のターン。1パワー《超少女》*14《ヴァルキリージャベリン》*15を撃たれました。レスポンスを考えるワタシ。選択肢は2つ。

A:《ソウルテイカー“サーニャ・パティル”》を重ねブレイクして相手支配のパワー0《ディーラー》*16を捨て札に。

B:《超少女》《トラストマインド》を使う。

相手支配エリアには《クルセイダー》*17がおり、Bにすると《超少女》がパワー0になってしまい横取りされる危険があったため、Aを実行しました。そしてブレイクされたのは《冥王星戦士“ラウザ・ディーテアリア”》*18。えーそれも入ってるのー? しかし補給が薄く、パワーは2枚のみ。

こちらのターン。5パワー《ソウルテイカー“サーニャ・パティル”》《ゲイ・ボウ》*19をセット。《トラストマインド》を握ってアタックし、踏みつぶしました。

勝利:10-2

3戦目:ナス&秋月エリ

そんなわけで決勝卓。前回対戦は7月22日の3戦目。

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

お互い、序盤はキーカードを引かない展開。こちらは《斎木家メイド少女“サーニャ・パティル”》だったのですが、《ソウルテイカー“サーニャ・パティル”》は3枚も手札にあったけどね。相手は《屍悪魔“ナス”》*20が捨て札置き場に2枚ほど。《片付け悪魔“ナス”》*21はダメージ置場に早々に落ちてましたが。

お互いにファクターだけは十分に揃ったところで、こちらが先に《斎木家メイド少女“サーニャ・パティル”》《ソウルテイカー“サーニャ・パティル”》を一気にブレイクし、なぜかパワー0だった《骨女》*22を捨て札。更に《ゲイ・ボウ》までセット。

相手返しのターンに、《ナイトウルフ“秋月 エリ”》*23をブレイク。5パワー。

こちらのターン。《ソウルテイカー“サーニャ・パティル”》でアタック宣言、相手《ナイトウルフ“秋月 エリ”》でガード宣言、こちら《ソウルテイカー“サーニャ・パティル”》《トラストマインド》を使用、しかし相手に《ラプラスの悪魔》*24を使用されて一方的に撃墜されちゃいました。しまった。

相手のターン。パワー補給のみ。《ナイトウルフ“秋月 エリ”》にば5パワー。

こちらのターン。《斎木家メイド少女“サーニャ・パティル”》は引けず。仕方なく支配《ファーマシスト》*25《ゲイ・ボウ》をセットしてみました。

相手のターン。《ナイトウルフ“秋月 エリ”》でアタック宣言、こちら《ゲイ・ボウ》付き《ファーマシスト》でガード宣言、相手は《ナイトウルフ“秋月 エリ”》《獣性解放》*26を使用、こちら《ファーマシスト》《トラストマインド》を使用。今度は《ラプラスの悪魔》は撃たれず、無事バインドできました。相手はここから《片付け悪魔“ナス”》《屍悪魔“ナス”》を一気にブレイクしてきました。《屍悪魔“ナス”》に3パワー、他に《カロン》*272体と別のキャラクター1体にパワーが挿されました。残デッキが5枚で4ドローの相手は次が最後のターン。

こちらのターン。こちらも残デッキ的に次のターンまででしょう。だがここにきて《春一番》2枚と《斎木家メイド少女“サーニャ・パティル”》をまとめて引いてみたり。メインフェイズに入って、まず3コスト《極秘プロジェクト》で相手支配キャラクター3体のパワーを飛ばし、《春一番》2枚を《屍悪魔“ナス”》に使用して1パワーまで減らしてみました。《斎木家メイド少女“サーニャ・パティル”》《ゲイ・ボウ》付き《ファーマシスト》にブレイクしてドローを減らし、《ソウルテイカー“サーニャ・パティル”》1枚を手札に残してできるかぎりパワーを挿してみました。

相手はパワー1枚では何もできない様子。デッキが先に尽きました。

勝利:6-8

結果:3勝0敗:1位

てきとーに組んだはずなのに、サーニャさんは強かった。


*1:0/0/1 [鬼] チャージ1

*2:2/2/2 [ウォリアー][ワーカー] ▼ドロー+1

*3:1/2/1 [ウォリアー][トライ] ▼チャージ1

*4:1F1C 3/3/2 [ウォリアー][モンスター] ドロー+1

*5:1F1C 3/2/2 [スチューデント][スキャナー][スカラー] ドロー+1

*6:2F1C 3/2/2 [ワーカー][スキャナー] チャージ1 ≪このキャラクター≫は(WIZ-DOM)のファクターを1つ持つ。

*7:3FXC ≪あなたの任意の勢力1つのブレイクしていないキャラクターX体≫にセットされているパワーカード全てを捨て札する。

*8:1F1C 3/2/2 [ワーカー][タレント][モンスター] チャージ1

*9:3F0C 目標の≪キャラクター1人にセットされているカード1枚≫を、そのオーナーの手札に戻す。

*10:3F2C 5/(4)/4 [ワーカー][スキャナー][ゴースト] 【“サーニャ・パティル”のみブレイク可能。】 ≪このカード≫はファストカードのタイミングでセット宣言可能。≪このキャラクター≫は(WIZ-DOM)のファクターを1つ持つ。あなたが(WIZ-DOM)3ファクターを満たしている場合、このカードがセットされた際≪パワー0のキャラクター1人≫を捨て札し、このキャラクターは「(3):目標の≪パワー0のキャラクター1人≫を捨て札する。」を得る。

*11:2/2/2 [ウォリアー][ミスティック] シンクロ レジスト(イレイザー)

*12:3F1C ターン終了時まで、目標の≪あなたのテリトリーのキャラクター1人≫はバインド1を得る。このカードが効果を発揮した場合、目標に、あなたのデッキの一番上のカード1枚をパワーカードとしてセットする。

*13:3F2C 3/(3)/3 [イレイザー][ゴースト][ウォリアー] ≪あなたの対戦相手の支配キャラクター全て≫の持つシールドのスキル全てを無効化する。≪▼を持つネームレベルでないキャラクター全て≫はアタック宣言できない。≪このキャラクター≫は、▼を持つキャラクターとのバトルによるダメージを受けない。

*14:1/(1)/1 [ミスティック][スキャナー] ▼チャージ1

*15:2F2C 目標の≪キャラクター1人≫に1+Xダメージを与える。Xはあなたの支配エリアのカード名称に「ヴァルキリー」を含むネームレベルキャラクター全ての攻撃力の数値の合計に等しい。

*16:2/(2)/1 [ミスティック][ワーカー] ▼ドロー+1

*17:1F1C 2/(2)/2 [ミスティック][ウォリアー] チャージ1

*18:4F4C 6/6/5 [ミスティック][ウォリアー] シンクロ このキャラクターがシンクロによるアタック宣言またはガード宣言を行っている場合、≪このキャラクター≫はバトルによるダメージを受けない。 (1):目標の≪あなたの捨て札置き場にある「ディープ・ドーン」1枚≫を、手札に戻す。

*19:3F2C -/-/- イニシアチブ ≪このキャラクターが与えるダメージによって捨て札されるキャラクターを場に残す効果全て≫を無効化する。≪このキャラクターからバトルによるダメージを与えられたキャラクター≫は、次のあなたのターン終了時までパワーカードをセットすることができない。

*20:4F1C 4/5/5 [悪魔][アンデッド] 【“ナス”のみブレイク可能。】 ≪あなた≫は、あなたのダメージ置き場のブレイクカードを、手札にあるカードと同様にセット宣言可能。≪このキャラクター≫から、あなたの支配キャラクターのアタックコスト・ガードコストを代わりに支払うことが可能。このキャラクターから代わりにコストを支払ってあなたの支配キャラクターがアタック宣言またはガード宣言した場合、ターン終了時まで、≪そのキャラクター≫は±0/+1/+1される。

*21:2F2C 3/4/4 [悪魔][アンデッド] このカードがダメージ置き場にある場合、≪このカード≫を手札にあるカードと同様にセット宣言可能。

*22:1F1C 2/3/3 [ゴースト][アンデッド] チャージ1

*23:4F4C 5/6/6 [ワーウルフ] ▼ペネトレイト このキャラクターがバトルの結果捨て札される場合、≪このカード≫は手札に戻る。

*24:3F2C ターン終了時まで、≪キャラクター全て≫のスキル・エフェクトを無効化する。

*25:2/(2)/1 [スカラー][ワーカー] ▼ドロー+1

*26:2F2C ターン終了時まで、目標の≪あなたの支配キャラクター1人≫に±0/+3/+3する。ターン終了時に、目標を捨て札する。

*27:2/2/2 [アンデッド][ワーカー] ▼ドロー+1

2012/07/22 (Sun)緑のあんちくしょう

公認大会(ギャラクシースタイル) @ カードゲームショップN.N. 参加4名 総当たり3回戦

| 公認大会(ギャラクシースタイル) @ カードゲームショップN.N. 参加4名 総当たり3回戦 - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 公認大会(ギャラクシースタイル) @ カードゲームショップN.N. 参加4名 総当たり3回戦 - つかの4割戦記

や、どーもお久しぶりです。←きっとこの挨拶がテンプレート化されるに違いないと思う今日この頃。

今後の参加ペースはこんな感じになりそうです。世間ではプルコギドバトルとかブロックトーナメントとかやってるみたいですけど、多分熱心には参加しないんじゃないかなぁ。

使用デッキ:巻添え被害者多数 ver1.00

1戦目:アクエリ夏のポイント祭り[おやかたさん]

前回対戦は6月16日公認ギャラクシースタイルの1戦目。

じゃんけん勝で先攻、相手引き直し実行。

こちら1ターン目。初手が《壺振り》《古武術少女“周防 勝美”》《退魔古武術少女“周防 勝美”》が2枚ずつと《蜻蛉切》……もどーにでもして……。《壺振り》*1支配。

こちら2ターン目。ドローは3枚目の《壺振り》……orz。《壺振り》支配。おらにぱわーをくれろ!

こちら3ターン目。ドローは《チェプコルカムイ》*2。ようやくぱわーが挿せるw。チャージを使わずに《退魔古武術少女“周防 勝美”》を埋めてみたり。

こちら4ターン目。ドローは《アオザイ娘》*3

こちら5ターン目。《古武術少女“周防 勝美”》*4をブレイク。コストの関係でこのターンはここまでw。《古武術少女“周防 勝美”》に2パワー。

そんな相手も律義にこちらにつきあってくれましてw、引きが芳しくない様子。(E.G.O.)メインで一見順調っぽく展開はしていますが、5ターン目までメインっぽいのは出てきません。

こちら6ターン目。《退魔古武術少女“周防 勝美”》*5をブレイク。レスポンスで《春一番》*6を撃たれてパワー1枚が手札に返ってきました。とりあえず1回はアタックしておきますが。

相手6ターン目。《スーパー女子高生“桜庭 一花”》*7をブレイク、7パワー。

こちら7ターン目。《退魔古武術少女“周防 勝美”》でアタック宣言、《スーパー女子高生“桜庭 一花”》でガード宣言、こちら《煉気術》*8を使用して無問題、バトルに入って相手バインド2。こちら《退魔古武術少女“周防 勝美”》で再度アタック宣言、相手レスポンスで《E.G.O.ポイント》*9を使用。相手捨て札置き場には(E.G.O.)のカードは10枚はあったけど20枚は無かったので、デッキから《バースト・プラズマ》*10を拾うのみ。《退魔古武術少女“周防 勝美”》でもう1回アタック宣言を相手本体に通して10ダメージでした。

勝利:10-0

2戦目:冥界三巨頭

前回対戦は6月10日の1戦目。

じゃんけん負で後攻、引き直し実行。

相手1ターン目の支配の仕方で、冥界三巨頭臭が……テンションダウンw。

相手3ターン目に《冥界三巨頭“ラダマンティス”》*11降臨。テンションマイナスww。

こちら3ターン目。何とか《古武術少女“周防 勝美”》をブレイクするも、《退魔古武術少女“周防 勝美”》が引けません。

以後、《冥界三巨頭“ラダマンティス”》の攻勢を《古武術少女“周防 勝美”》《煉気術》でいなしたりしつつも、《冥界三巨頭“アイアコス”》*12をブレイクされ、エフェクトを3回使われて万事休す。

途中、《カロン》*13を支配はするのですが、《賽の河原》*14でパワー剥がされて《骨女》*15で横取りされちゃうんですよ。

敗北:9-7

隣の卓ではおやかたさんが勝利。4人全員が1勝1敗に。

3戦目:オアンネス

前回対戦は6月10日の4戦目。

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

相手は(ダークロア)メイン。色相性的に不利だけど、冥界三巨頭では無いらしいからまだ何とかなるかも。

と言っておきながら、《水蜘蛛忍者》*16のブレイク先を間違えて、3ターン終了時点でようやく(阿羅耶識)3ファクターという体たらく。

しかし、相手は5ドローとかしても《リトルマーメイド“オアンネス”》*17が引けない様子。

こちらは4ターン目に《古武術少女“周防 勝美”》、5ターン目に《退魔古武術少女“周防 勝美”》をブレイク。何とか間に合ったかも。

以後、補給が乏しく3パワー程度しか挿さらない《退魔古武術少女“周防 勝美”》でちまちま攻めながら焼いて、相手の引きの悪さにも助けられて何とかダメージアウトになりました。

勝利:10-0

結果:2勝1敗:1位

与ダメージで上回ってました。

それにしても、《冥界三巨頭“ラダマンティス”》がどーにもなりませんねぇ。せめて攻勢をいなせるようにしないと…。


*1:0/0/1 [アスリート] チャージ1

*2:1/1/2 [ゴースト][マーメイド] ▼チャージ1

*3:2/1/3 [アスリート] ▼シールド チャージ1

*4:3F2C 4/3/5 [アスリート] シールド インターセプト

*5:4F3C 5/6/5 [アスリート] 【“周防 勝美”のみブレイク可能。】 シールド インターセプト このキャラクターがプレイヤーを目標にアタック宣言した場合、≪精神攻撃力を持つキャラクター1人またはブレイクしていないキャラクター1人≫にXダメージを与える。Xはこのキャラクターの攻撃力に等しい。

*6:3F0C 目標の≪キャラクター1人にセットされているカード1枚≫を、そのオーナーの手札に戻す。

*7:6F3C 7/6/6 [スチューデント] バインド2 オフェンシブ

*8:2F0C ターン終了時まで、目標の≪キャラクター1人≫の耐久力に+2する。

*9:3F1C ≪あなた≫は1ドローする。その後、あなたの捨て札置き場にある(E.G.O.)のカードの枚数で以下の効果を上から順に発揮する。「10枚以上:≪あなたのデッキ≫から任意の(E.G.O.)のカード1枚をあなたの手札に加える。」「20枚以上:≪あなたの手札の(E.G.O.)のカード1枚≫を必要ファクター・コストを無視して使用宣言する。」

*10:4F3C +1/+X/- イニシアチブ Xはこのキャラクターのパワーに等しい。

*11:3F3C 4/5/5 [ゴースト][アンデッド] レジスト(阿羅耶識) プロテクト(阿羅耶識) あなたが冥界3ファクターを満たしている場合、≪このキャラクター≫はバインド1を得、あなたがドローする際、≪あなた≫は、ドローする枚数を-X枚し、あなたのダメージ置き場のカードX枚を手札に戻す。Xはあなたがドローする枚数が上限の、任意の数に等しい。

*12:3F3C 4/5/5 [ゴースト][アンデッド] レジスト(WIZ-DOM) プロテクト(WIZ-DOM) あなたのダメージ置き場の枚数が9枚以上の場合、≪冥界1ファクターを満たしていないプレイヤー≫のダメージ置き場の枚数による敗北条件に-5する。あなたが冥界3ファクターを満たしている場合、≪このキャラクター≫はバインド1と、「(1):あなたのデッキの上から3枚をあなたのダメージ置き場に置く。ターン終了時まで、≪このキャラクター≫の攻撃力に+3する。」を得る。

*13:2/2/2 [アンデッド][ワーカー] ▼ドロー+1

*14:2F2C このカードの使用宣言時に、パワーが精神力に等しいキャラクター1人を指定する。≪指定したキャラクターにセットされているパワーカード全て≫を捨て札する。

*15:1F1C 2/3/3 [ゴースト][アンデッド] チャージ1

*16:1F1C 3/2/3 [アスリート][マーメイド] ドロー+1

*17:3F1C 3/4/4 [マーメイド][ゴースト][タレント] ▼ このカードがセットされた場合、≪あなた≫は1ドローする。

2012/06/24 (Sun)かがみの日

グランドクロストーナメント東京本戦(ギャラクシースタイル) @ スタンダード会議室8Fホール(新橋) 参加89名 スイスドロー8回戦

| グランドクロストーナメント東京本戦(ギャラクシースタイル) @ スタンダード会議室8Fホール(新橋) 参加89名 スイスドロー8回戦 - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - グランドクロストーナメント東京本戦(ギャラクシースタイル) @ スタンダード会議室8Fホール(新橋) 参加89名 スイスドロー8回戦 - つかの4割戦記

ただでさえ時間ギリギリだったのに、目立つ看板が無かったせいで目的地を通り過ぎてました。7分くらい遅れてたと思うのですが、お情けで参加させてもらいました。ジャッジさんありがとうございました。

使用デッキ:ミナサンオゲンキデスカ? ver1.10

PR版の《フルバーニアサイボーグ“セフィーロ”》が使いたかったから組んだデッキなのに、その目的のカードを入れちゃいけないなんてw。*1

1戦目:真代詠

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

あー、相手も(イレイザー)の[イレイザー]メインだー、やりにくいーw。

相手が先に動きました。《マイエンジェル“真代 詠”》*2のサーチを使用して《妹天使“真代 詠”》*3を拾われ、ブレイクされました。パワー8枚。

こちら返しのターン。《フルバーニアサイボーグ“セフィーロ”》*4をブレイク。

相手のターン。《パニッシュメント・アサルト》*5(イレイザー)されたので、死なばもろとも、と《中臣祓詞》*6を使用。バインド用に残されていたであろう《妹天使“真代 詠”》のパワー2枚を捨ててもらって、お互いほぼ更地に。

以後、(イレイザー)ファクターの回復はこちらの方が早く、2パワー《アルケー》*7《フルバーニアサイボーグ“セフィーロ”》でブレイク。手札には《緊急発進》*8が3枚もあったりして。

勝利:6-6

2戦目:真代詠&セフィーロ&ノーチラス

じゃんけん負で後攻、引き直しせず。

またも相手が(イレイザー)の[イレイザー]メインだー、やりにくいーw。しかも相手ダメージ置き場に《フルバーニアサイボーグ“セフィーロ”》がー。

勢力まわしでキャラクターカードがあまり出てこないこちら。3ターン目にキャラクターカードを引かず(イレイザー)3ファクターでストップ。《アークエンジェル》*9《フルバーニアサイボーグ“セフィーロ”》は持ってるのに。こうなったら《メイド侍》*10でアタックだー。相手本体に通して《ショアードラグーン》*11出現、素体にならない。《緊急発進》でもう1パンチだー。《妹天使“真代 詠”》がダメージ置き場に。もうダメだー。メインフェイズ終了にレスポンスで《ソリッドシップ“ノーチラス”》*12をブレイクされて(イレイザー)2ファクターに減少。仮に素体が出てきたとしても結局ダメだったのね。orz

以後、《ソリッドシップ“ノーチラス”》でブッパされました。

敗北:3-10

3戦目:久遠寺みやこ

じゃんけん負で後攻、引き直し実行。

今度はそれなりに展開できました。相手も(イレイザー)じゃなくて(ダークロア)だしw。しかし、序盤は相手の方が展開が上、てゆーかネ申。勢力放置のダメージ判定8点で1ダメージ7キャラクターとかもうね。

相手3ターン目。《野良猫“久遠寺 みやこ”》*13をブレイク。フルパワー。

こちら3ターン目。ようやく(イレイザー)4ファクターを確保。

相手4ターン目。《野良猫“久遠寺 みやこ”》の4回のアタックを全部通してみる。やっぱり10ダメージになっちゃうよねぇ…。orz

敗北:1-10

結果:1勝2敗

予定では初戦負け即ドロップの予定でしたので、ここでドロップ。らんぶるの受付へGo!


アクエリランブル(スタイルは相手と御相談) @ スタンダード会議室8Fホール(新橋)

| アクエリランブル(スタイルは相手と御相談) @ スタンダード会議室8Fホール(新橋) - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - アクエリランブル(スタイルは相手と御相談) @ スタンダード会議室8Fホール(新橋) - つかの4割戦記

今日の目標は、6戦参加賞の文庫おまけカード5枚セットです。なので勝ち負け無視で使いたいデッキを使うことに。

使用デッキ(1):バ○ル2世 ver3.00

「エクストリーム」希望が通った時用その1。《ソーラー・レイ》*14入りのギャグ仕様です。

使用デッキ(2):ケンカはやめて ver6.11

「エクストリーム」希望が通った時用その2。嫁デッキですから。

使用デッキ(3):銀色に光るまでアタックしません ver1.02

「ギャラクシー」って言われた時用。「fortissimo」への思い入れは皆無なのですが、強すぎず弱すぎずなあたりが意外とお気に入りだったり。


例によって、メモには相手のHN・デッキ・スコア・じゃんけんと先攻後攻くらいしか書くヒマが無かったので、このレポートは記憶だけで書いてます。内容が薄かったり、間違っていても許してくださいね。

1戦目:弓削遙

らんぶるの受付に行ったら、見知った顔が対戦相手待ち状態。お互いにげんなりしてみる。意外にも前回対戦は一昨年10月23日2戦目と、かなり昔のことだったり。

「エクストリーム」希望が通ったので、バ○ル2世を使用。

じゃんけん負で後攻、引き直しせず。

序盤はお互いに、メインブレイクはおろか軽ブレイクすらロクに引けないヌル展開。

お互いに(阿羅耶識)4ファクターが貯まった頃、相手が先に《剣巫女“弓削 遙”》*15《四神青龍の巫女“竜ヶ崎 藍”》*16をセットでブレイク。万全の態勢ですね。

こちら返しのターンに《宝貝大家“■■太子”》*17をブレイク。

相手のターンに入って、勢力フェイズ中にこちらが《宝貝大家“■■太子”》《望刻“バベルの塔”》*18をセット。メインフェイズ開始時にパワー16枚。相手は6パワー《剣巫女“弓削 遙”》で5回アタック宣言、こちらは《宝貝大家“■■太子”》で5回ガード宣言するわけですが、アビリティによるダメージ判定でデッキが削れていきます。

こちらのターン。ドローフェイズと勢力フェイズは何とか潜り抜けたのですが、残デッキは2枚。メインフェイズ開始時の《望刻“バベルの塔”》アビリティを処理しきれずにデッキアウトしました。

敗北:?-?

2戦目:鈴白なぎさ

前回対戦は第11回温泉合宿サバイバルトーナメントの4戦目。

「ギャラクシー」でしたので、銀色に光るまでアタックしませんを使用。

じゃんけん負で先攻、相手引き直し実行。

お互いに(E.G.O.)メイン。相手は若干事故気味。引き直して悪化したのかな?

こちら4ターン目に、相手支配《壺振り》*19《剣道娘“鈴白 なぎさ”》*20で横取りした時点で、相手が投了宣言。ここでミラーだったことが発覚。しかしらんぶるは投了不可だったので、申し訳なく思いながら《白銀の魔術剣士“鈴白 なぎさ”》*21で全力アタックしました。

勝利:10-1

3戦目:小鳥遊ひびき

前回対戦は昨年11月6日ギャラクシーバトルロイヤルの4戦目。

「エクストリーム」希望が通ったので、ケンカはやめてを使用。

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

相手は(E.G.O.)の[タレント]メインの様子。《ピュア・ブライトネス“一色 真純”》*22の恐怖が頭をよぎりますが、どうも違うみたい。

相手が先に《マグネティック・エンプレス“ジョセフィーン・マグナス”》*23をブレイク。

こちらのターンの勢力フェイズで、《マグネティック・エンプレス“ジョセフィーン・マグナス”》の2番目のエフェクトをこちらのデッキ目標で使用されました。入れていたパーマネントカードは《レジェンダリーボディ》*24だけだったり。しかしこのカードはエフェクトの効果を受けないので、何も起こりませんでした。このターンに《悪魔の瘢痕》*252枚を使用して、《エターナルアイドル“舞原 ゆりか”》*26《テンパランス“エイミー・ヒュークストゥヴ”》*27を下に置きました。もちろん、手札は全部パワーにしましたよ。

相手のターン。勢力フェイズに《テンパランス“エイミー・ヒュークストゥヴ”》をブレイクし、相手の手札全てを捨て札に。

こちらのターン。《エターナルアイドル“舞原 ゆりか”》をふつーのタイミングでふつーじゃない手段でブレイクw。

相手のターン。《堕天使の誘惑》*28を使用されました。そして《エターナルアイドル“舞原 ゆりか”》《ハイパーアイドル“小鳥遊 ひびき”》*29にアイドルデビ……元々アイドルですけど!?

こちらのターン。《テンパランス“エイミー・ヒュークストゥヴ”》《レジェンダリーボディ》をセット。

以後、《マグネティック・エンプレス“ジョセフィーン・マグナス”》の1番目のエフェクトで《テンパランス“エイミー・ヒュークストゥヴ”》のパワーが全部手札に返ってくるのですが、《テンパランス“エイミー・ヒュークストゥヴ”》のバトル終了時に捨て札されちゃうアビリティを回避する手段が無いらしく、《ランプの魔神“クビァ・ド・バット”》*30の3番目のエフェクトでデッキ回復したこちらに対して、成す術無く相手のデッキが尽きました。

勝利:5-5

4戦目:ヴァルキリーズ

「ギャラクシー」でしたので、銀色に光るまでアタックしませんを使用。

じゃんけん負で後攻、引き直し実行。

前後の対戦が非常にアツかったので、この対戦の記憶がものすごく希薄です。申し訳ありません。

《ヴァルキリー“ランドグリーズ”》*31を早々にブレイクされて、しこたま殴られたことだけを覚えています。

敗北:?-10

5戦目:エイミー・ヒュークストゥヴ

じゃんけん負で後攻、引き直し実行。

「エクストリーム」希望が通ったので、ケンカはやめてを使用。

相手1ターン目に《エンジェル・ウェイトレス》*32を支配……スリーブが愛理だし、何かヤな予感が……。

こちら序盤は、キャラクターカードの引きがイマイチ。相手の勢力まわしでダメージ置き場に置かれた《ハロウィン魔女》*33にガクブルしつつも、結局ブレイクされませんでした。でも《ノーブル・オウル》*342体を支配されて、《悪魔の瘢痕》が微妙に使いにくい状態ではあるのですが。

ようやく(ダークロア)3ファクターが貯まった次の相手ターンに《エンプレス“ジャンヌ=ヨハネスVIII”》*35をブレイク。

こちらのターンの勢力フェイズに、《エンプレス“ジャンヌ=ヨハネスVIII”》のエフェクトを使用され、《テンパランス“エイミー・ヒュークストゥヴ”》をブレイクされました。やっぱり……orz。

以後しばらく、お互いに相手に手出しできない状態でターンが経過します。ドローは相手の方が多かったので、《ディーラー》*36とか《魔女メイド》*37で細かくアタックされましたけど。もうこちらはデッキアウトを狙うしかないので全通し。相手は《星の詠み手“エレノール・フォーチュネイト”》*38をブレイクして、こちらのドローを増やしつつエフェクトでデッキをサーチして何かを探しています。

こちらは《ランプの魔神“クビァ・ド・バット”》をブレイク。3番目のエフェクトでデッキを回復。

そんな感じで、デッキ枚数的に相手最後のターン。とうとう引かれました、《純粋魔力対決》*39。こちらの支配キャラクターは全員スキルを持っていましたので、《テンパランス“エイミー・ヒュークストゥヴ”》《星の詠み手“エレノール・フォーチュネイト”》のアタックを阻むものは居なかったのでした。

敗北:?-10

お互いに《テンパランス“エイミー・ヒュークストゥヴ”》をメインとしつつも、デッキの方向性がまるで違ってました。負けましたけど、面白い対戦でした。

6戦目:ヴァルキリーズ

前回対戦は昨年11月6日Obey or Dieの4戦目。(私信:NNより後に対戦してましたよ~♪)

「ギャラクシー」でしたので、銀色に光るまでアタックしませんを使用。

じゃんけん負で後攻、引き直し実行。

序盤はお互いに軽ブレイクすら引かないヌル展開再びw。

とうとう最後まで《剣道娘“鈴白 なぎさ”》を引かなかったこちらに対して、《ヴァルキリー“スルーズ”》*40を引いた相手。ペネトレイトって書いてあるから、ガードしてもあまり意味が無いのデスよ。

敗北:1-10

結果:2勝4敗

6戦したので目的達成。お腹もすいていたので終了することにしました。ご飯食べて戻ってきても、まだグランドクロストーナメントが終わっていなかったので、閉会式という名の抽選会までおやかたさんやば~ど☆さんに遊んでもらってました。お付き合いありがとうございました。


*1:5月7日以降に発売・配布されたカードは使用禁止だったのです。

*2:3F2C 4/4/4 [イレイザー] サーチ(“真代 詠”)

*3:4F3C 4/4/4 [イレイザー] バインド2 チャージ1 このキャラクターを構成する“真代 詠”1枚につき、≪このキャラクター≫はチャージ1を得、+1/+1/+1される。

*4:4F4C 3/8/3 [イレイザー][サイボーグ] ≪このキャラクターのアタック宣言に対してガード宣言するキャラクター≫はガードコストが1上昇する。 (1):ターン終了時まで、≪このキャラクター≫はブレイクスルーを得る。 (1):ターン終了時まで、≪このキャラクター≫はイニシアチブを得る。

*5:4F6C ≪あなたの任意の勢力1つのキャラクター全て≫を捨て札する。

*6:1F1C 目標の≪プロジェクトカードまたはファストカード1枚≫のオーナーは追加の2コストを支払う。支払うことができなかった場合、目標を捨て札する。

*7:2/3/1 [イレイザー] ▼シールド チャージ1

*8:2F0C 目標の≪あなたの支配キャラクター1人≫をアタック宣言またはガード宣言させる。このカードは目標がアタック宣言またはガード宣言できるタイミングでのみ使用宣言可能。

*9:1F1C 2/4/2 [イレイザー] ドロー+1 あなたの支配エリアに(イレイザー)の[イレイザー]が3体以上いる場合、≪このカード≫のコストは1減少する。

*10:2/1/3 [ウォリアー][ワーカー] ▼ドロー+1

*11:1/2/1 [ドラグーン][マーメイド] キャパシティ-1 チャージ1

*12:4F4C 4/4/6 [マシン][マーメイド] シールド ≪このカード≫はファストカードのタイミングであなたの支配キャラクターにセット宣言可能。このカードのセット宣言時に、キャラクター1人を指定する。このカードがセットされた場合、≪指定したキャラクター1人≫に2ダメージを与える。

*13:3F3C 4/5/5 [ワータイガー] オフェンシブ インターセプト このキャラクターのパワーが精神力に等しい場合、このキャラクターを構成する“久遠寺 みやこ”1枚につき、≪このキャラクター≫に±0/+2/+2する。

*14:4F4C -/-/- このカードがセットされた場合、≪あなたの任意の数のあなたの手札≫を、勢力なし、[マシン]の、チャージ1を持つ0/0/1のあなたの支配キャラクター、ミラーパネルとしてセットしてもよい。ミラーパネルにカードをセットすることはできない。≪このキャラクター≫から、アタックコスト・ガードコストを支払うことはできない。 (1):≪このエフェクトのコスト≫を、勢力なし、[マシン]の、チャージ1を持つ0/0/1のあなたの支配キャラクター、ミラーパネルとしてセットする。ミラーパネルにカードをセットすることはできない。 (4):目標の≪プレイヤーまたはキャラクター1人≫にXダメージを与える。Xはあなたの支配エリアのミラーパネルの数の合計に等しい。このエフェクトはあなたのメインフェイズのプロジェクトカードのタイミングでのみ使用宣言可能。

*15:4F4C 6/5/6 [霊能者][ウォリアー] ペネトレイト パーマネント+1 このカードの下に“弓削 遙”がある場合、≪このキャラクター≫はバインド1を得、このキャラクターがアタック宣言・ガード宣言した場合、≪このキャラクターのアタック目標またはガード宣言されたキャラクターのオーナー≫にXダメージを与える。≪このキャラクターのアタック宣言に対してガード宣言するか、このキャラクターにガード宣言されたキャラクターのオーナー≫にXダメージを与える。Xはこのキャラクターのパワーに等しい。

*16:2F2C 4/3/4 [霊能者][ドラグーン] シールド チャージ1 ≪あなたの支配キャラクターの[霊能者]・[♂霊能者]≫が捨て札される場合、このキャラクターのパワーカード1枚をあなたのダメージ置き場に置くことで、そのキャラクターを場に残すことが可能。 (1):ターン終了時まで、≪あなたの任意のキャラクターX体まで≫は、(WIZ-DOM)・(阿羅耶識)のプロジェクトカード・ファストカードの効果を受けない。Xはあなたの支配エリアのブレイクしている(阿羅耶識)のネームレベルキャラクターの数に等しい。

*17:4F4C 6/5/6 [ゴースト][♂クリーチャー] パーマネント+∞ ≪このキャラクター≫は精神ダメージを受けない。≪あなた≫は、このキャラクターに、ファストカードのタイミングで必要ファクターを無視してパーマネントカードをセット宣言可能。≪このキャラクターにセットされているパーマネントカード≫の精神力・攻撃力・耐久力の欄に書かれた修正値は2倍になる。

*18:5F5C +5/-/- メインフェイズ開始時に、≪あなたのデッキ≫からカードを1枚選び、対戦相手に見せる。その後、そのカードをあなたの手札に加える。その後、あなたのデッキをシャッフルする。その後、≪あなた≫は、このキャラクターのパワーと精神力が等しくなるまで、あなたのデッキの上からカードを引き、パワーカードとしてこのキャラクターにセットする。このカードが捨て札される場合、≪あなたとあなたの支配キャラクター全て≫に10ダメージを与える。場に全ての勢力のキャラクターがいる場合、≪このカード≫の必要ファクターは失われ、このカードはエフェクト「①:メインフェイズ終了時まで、目標の≪キャラクター1人≫にインフィニティを与える。」を持つ。

*19:0/0/1 [アスリート] チャージ1

*20:3F2C 4/3/4 [スチューデント][アスリート] インターセプト ≪このキャラクター≫はアタック宣言できない。

*21:4F2C 5/4/5 [スチューデント][ウォリアー] 【“鈴白 なぎさ”のみブレイク可能。】 シールド ≪このキャラクター≫は、パワーがX以下のキャラクターとのバトルによるダメージを受けない。Xはこのキャラクターのパワーに等しい。

*22:3F3C 5/(4)/4 [タレント][イレイザー] このカードが場にセットされた場合、≪ブレイクしていないあなたの支配キャラクターにセットされているパワーカード全て≫をこのキャラクターにセットし、≪ブレイクしていないあなたの対戦相手の支配キャラクターにセットされているパワーカード全て≫を捨て札する。

*23:3F1C 4/3/3 [ワーカー][タレント] (1):≪あなたの任意の、パーマネントカードがセットされているキャラクター1人にセットされているパワーカード全て≫を、オーナーの手札に戻す。 (1):目標の≪デッキ≫からパーマネントカード1枚を選び、そのオーナーのダメージ置き場に置く。 (2):≪あなたの任意のダメージ置き場にあるパーマネントカード1枚≫を、そのオーナーのテリトリーのキャラクターにセットする。メインフェイズ終了時にそのパーマネントカードを捨て札し、≪そのパーマネントカードがセットされていたキャラクターとそのオーナー≫にXダメージ与える。Xはそのパーマネントカードの必要ファクターとコストの合計に等しい。

*24:4F6C -/-/- バインド0 パーマネント+1 このカードをネームレベルキャラクターにセット宣言する場合、≪このカード≫のコストは、そのキャラクターを構成する一番上のブレイクカードの必要ファクター分減少する。このキャラクターがバトルする際、≪このキャラクターのバトル相手≫の持つスキル全てを無効化する。≪このカード≫は、プロジェクトカード・ファストカード・エフェクトの効果を受けない。

*25:3F0C このカードの使用宣言時に、追加の3コストを支払うことが可能。≪あなた≫は、あなたの手札のブレイクカード1枚を、このカードの下に裏向きで置く。このカードの使用宣言時に追加のコストを支払っている場合、代わりに≪あなた≫は、あなたのデッキからブレイクカードを1枚選び、このカードの下に裏向きに置く。置けなかった場合、このカードを捨て札する。≪あなた≫は、このカードの下に裏向きで置かれているカードを表にして、ファストカードのタイミングで、必要ファクターを無視してセット宣言可能。このカードは、このカードの下に裏向きで置かれたカードがセットされるか、除去されるまで、フェイズ・ターンが終了しても効果を発揮し続ける。

*26:3F3C 5/4/4 [タレント][ゴースト][スチューデント] イニシアチブ ドロー+1 ≪プレイヤー全て≫は、ドローフェイズのドローの際に、本来の2倍ドローする。≪プレイヤー全て≫は、本来のコストがXの、Xを任意で指定する、ブレイクカード以外のカードを使用することができない。

*27:3F3C 4/(4)/4 [イレイザー] ≪プレイヤー全て≫にドロー+2・チャージ2を与える。このカードがセットされた場合、≪あなたよりも多くの手札を持つプレイヤー全て≫は、あなたの手札枚数と等しくなるように自分の手札を選んで捨て札する。メインフェイズ開始時に、≪あなたよりも多くのキャラクターを支配しているプレイヤー≫は、自分の支配キャラクター1人を捨て札する。≪バトルしたキャラクター≫は、バトル終了時に捨て札される。

*28:2F1C ターン終了時まで、≪あなた≫は、対戦相手のテリトリーのパワーカードがセットされているネームレベルキャラクターをブレイク可能。ターン終了時まで、あなたが対戦相手のテリトリーのキャラクターをブレイクした場合、≪セットされたあなたの支配キャラクター≫に、あなたのデッキの一番上のカード1枚をパワーカードとしてセットする。対戦相手のネームレベルキャラクターをブレイクしていた場合、その後、あなたのデッキの上からカードX枚を、≪セットされたあなたの支配キャラクター≫にパワーカードとしてセットする。Xは、ブレイクされたキャラクターにセットされていたパワーに等しい。

*29:4F4C 6/5/5 [タレント] 【ネーム・分類に関わらずブレイク可能】 ターン終了時にこのキャラクターのパワーがこのキャラクターの精神力未満だった場合、≪あなた≫はこのキャラクターのパワーがこのキャラクターの精神力と等しくなるか、あなたの手札がなくなるまで、あなたの手札をパワーカードとして、このキャラクターにセットする。他のプレイヤーのダメージ置き場に置かれているネームを持つブレイクカード1枚につき、≪このキャラクター≫に+1/+(1)/+1する。あなたのダメージ置き場に置かれている“小鳥遊 ひびき”のネームを持つカード1枚につき、≪このキャラクター≫に+1/+1/+1する。

*30:3F3C 4/5/5 [ゴースト] ブースト3 このカードに書かれたエフェクトが処理された場合、≪このカード≫を手札に戻す。 (3):≪あなた≫は、あなたのデッキの上からカードを10枚引き、あなたのテリトリーのこのキャラクター以外のキャラクターに、パワーカードとしてセットする。その後、あなたのメインフェイズを終了する。 (3):≪あなた≫は10ドローする。 (3):≪あなたの捨て札置き場のカード全て≫をあなたのデッキに戻し、そのデッキをシャッフルする。

*31:3F2C 3/(3)/3 [イレイザー][ゴースト][ウォリアー] ≪あなたの対戦相手の支配キャラクター全て≫の持つシールドのスキル全てを無効化する。≪▼を持つネームレベルでないキャラクター全て≫はアタック宣言できない。≪このキャラクター≫は、▼を持つキャラクターとのバトルによるダメージを受けない。

*32:2/(2)/1 [イレイザー][ワーカー] ▼ドロー+1

*33:1F1C 2/(2)/2 [ミスティック][クリーチャー] チャージ1 ≪プレイヤー全て≫は、プロジェクトカード・ファストカードの効果を受けない。

*34:0/0/2 [♂イレイザー][♂ヴァンパイア] ▼インターセプト チャージ1 ≪(ダークロア)のプロジェクトカード・ファストカード≫のコストは1上昇する。

*35:3F3C 4/(4)/4 [ミスティック] シールド キャパシティ+X Xはあなたの支配エリアの(WIZ-DOM)のキャラクターの数に等しい。このキャラクターがバトル以外の効果で除去される場合、あなたの支配エリアの(WIZ-DOM)のキャラクター1人を捨て札することで、≪このキャラクター≫を場に残すことが可能。 (3):≪あなたの手札またはデッキ≫から、ネームを持つ(WIZ-DOM)のブレイクカード1枚を、コストを支払わずにネームレベルでないキャラクターにセット宣言する。

*36:2/(2)/1 [ミスティック][ワーカー] ▼ドロー+1

*37:2/2/2 [ミスティック][ワーカー] ▼ドロー+1

*38:2F2C 3/(3)/3 [ミスティック] ≪プレイヤー全て≫にドロー+1を与える。 (1):あなたは、目標の≪デッキ≫の上からカードを3枚見る。その後、そのカードの中からあなたの任意の枚数をそのデッキの一番下に置くことが可能。≪このエフェクトのコスト≫を手札に戻す。

*39:3F1C メインフェイズ終了時まで、≪スキルを持つキャラクター≫はアタック宣言・ガード宣言できない。

*40:4F4C 5/5/5 [イレイザー][ゴースト][ウォリアー] ▼ペネトレイト パーマネント+2 このカードがセットされた場合、≪▼を持つキャラクター1人≫を捨て札可能。

八天八天2012/06/29 12:56PRセフィーロは使用可能だったはずだよ。駄目なんは寝起きフォルナとか

つかつか2012/06/29 15:165月13日の感謝祭が初配布だから、ダメ、という認識だったのですが?

八天八天2012/06/29 17:24同名称カードについては説明してたはずだが7日以降に配布したカードの新規能力の物と先行配布(正式に配布開始されてないもの)が使用出来ない。だから冥烙の道場主とかも可。まぁ今更どうでもいいか

つかつか2012/07/05 19:53今さらどーでもいーことにレスw
事前公開されていたPDFには、「新規能力の」とか書いてなかったから。当日に言われてもさー、て感じなのよ