つかの4割戦記

勝率4割前後のトホホあくえりプレイヤーの書く、対戦レポート中心の週記です。もしかしたら月記かもしれません。
基本的にカードゲーム アクエリアンエイジ 以外の事を書くことは無いでしょう。
デッキレシピなんかも書いていますが、てきとーに組んでいるか、コンセプトが実用的でない場合が多いので、参考にはならないと思います。

2011/09/19 (Mon)ミスった…

BCC渋谷2日目 @ シダックスホール

| BCC渋谷2日目 @ シダックスホール - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - BCC渋谷2日目 @ シダックスホール - つかの4割戦記

この日もジャッジとして参加しました。

だって権利とか持ってないもん。てゆーか、予選参加回数が1回だけなんて取る気が無かったんじゃと問われれば、その通りと胸張っちゃいますよ。(←コピペ)


この日のアクエリ関連のイベントは、アクエリアングランプリ2011-1stStage決勝大会、アクエリパーティー、初心者向け体験会の3本立て。昨日よりは参加者は多かったのですが、チャンピオンカーニバル参加が掛かった大会にしては、それほど多くなかった印象です*1

16点でも10点

《ガールフレンド“小石川 愛美”》*2が自分の支配エリアにいて、16ダメージで負けたヒトでも、スコアシートには受ダメージ「10」と書きましょう。

コレ、前に一度書いた気がします。

茨の枷

《茨の枷》*3絡みの質問がそれなりにあった模様です。

自分が受けたケースでは、《魔道図書館司書“セレン・エルシー”》*4が支配エリアにいるプレイヤーのターンで相手に《茨の枷》の1番目の効果を使われている状況で、[スカラー]を持つキャラクターがアタック宣言した時に、「アタックコストが手札に戻る」「1ドロー」「手札から1枚捨て札」をどういう順番で実行するか? というもの。

基本的にはサマリー23-1「同時処理内の処理順」に従って処理しましょう。このケースでは《茨の枷》は相手プレイヤーが使用しているので、「手札から1枚捨て札」は最後に処理し、「アタックコストが手札に戻る」「1ドロー」はどちらを先にするかは効果を受けるプレイヤーの任意ということです。

これ以外のケースでは、《秋を告げる女神“デメテル”》*5《コスプレ売り子》*6系列の場合があった模様です。(ブレイクコストが戻るのが先ですよ)

こっちがサポートして欲しいくらいだ

や、ミスジャッジしましたし。

《ガールフレンド“小石川 愛美”》がアタック宣言、《カラード・タイガー“トゥーラ・ムリンプ”》*7でガード宣言、《ガールフレンド“小石川 愛美”》《デジタルフュージョン》*8を使用(見せたカードは不明)、《カラード・タイガー“トゥーラ・ムリンプ”》《サポートシグナル》*9、以後レスポンス無くバトル突入、という場面で呼ばれました。

疑問点は、《カラード・タイガー“トゥーラ・ムリンプ”》《サポートシグナル》の効果で能力値が2倍になるか? というもの。

この場では、「なる」って答えてしまったのですが、これが間違い。や、だって「目標」と「そのキャラクター」が両方とも《カラード・タイガー“トゥーラ・ムリンプ”》なんだけど、「ガード宣言したキャラクターには使用できない」とか書いてないし…とか、ちと混乱してしまったもので(言い訳ッス)。他にもジャッジは居たのだから、それこそ助けを呼べばよかったと反省してます。

ところで正解ですが、実際にバトルする場面を想像してみましょう。ガード側でバトルするキャラクターは、結局《カラード・タイガー“トゥーラ・ムリンプ”》1人だけなのですから、合計するも何も、ということなのでした。

「分身する」とか書いてあればハナシは別だったかも。

ガード宣言したキャラクターに《サポートシグナル》を使用することは問題無く、バトル相手のスキルを無効化することは可能なので、奇襲性の高いカードですよね。

以上、ば~ど☆さんへの私信でしたw。

八天さんへ

詳細はここ参照。

裁定に時間が掛かったら対戦時間を延長してましたから、上告すれば良かったのに。

でも、その《ポンコツパニック》*10のケースですと、ワタシも「先に指定」と裁定します。

《ミッドナイト・ランデブー》*11でも「先に指定」と裁定します。

「≪≫」でくくられている箇所は、使用宣言時に指定すべきと思っているからなのですが、根拠は……何だったかな? ルールブックにもサマリーにも書いてないし。答えになってなくて申し訳ないッス。誰か知っていませんか?(←丸投げ)

個人的には、《死天使“ザラキエル”》*12《ダークネスブラッド“レイ・アルカード”》*13も先に指定して欲しいなーとは思っていますが(永久持続型プロジェクトカードじゃん、こいつら)。ただ、《ガールフレンド“小石川 愛美”》とかは先指定だと困ってしまうかも。


*1:グランプリ決勝で72名でした。

*2:3F1C 6/5/5 [スチューデント][タレント][スキャナー] バインド1 イニシアチブ チャージ3 【“小石川 愛美”のみブレイク可能。】このカードがセットされた場合、≪あなたの捨て札置き場のあなたの任意のカード5枚≫をあなたのデッキに戻し、そのデッキをシャッフルする。≪あなた≫の、ダメージ置き場のカード枚数による敗北条件に+X枚する。Xはこのキャラクターの精神力に等しい。

*3:2F0C 以下の効果から1つを選択して使用宣言する。「メインフェイズ終了時まで、目標の≪プレイヤー1人≫の支配キャラクターからコストが支払われた場合、支払われたコスト1につき、目標の手札からあなたの任意の手札1枚捨て札する。あなたはメインフェイズ終了時に、1コスト支払うことで、≪このカード≫を手札に戻すことが可能。」「ターン終了時まで、目標の≪プレイヤー1人≫が手札を捨て札した場合、捨て札した手札1枚につき、そのオーナーのデッキの上からカードを1枚捨て札する。」

*4:3F2C 3/(3)/3 [スカラー][ワーカー] ≪[スカラー]・[♂スカラー]全て≫にオフェンシブ・ディフェンシブを与える。支配エリアの[スカラー]・[♂スカラー]がプレイヤーに対してアタック宣言するか、支配キャラクターのアタック宣言に対してガード宣言した場合、≪そのキャラクターのオーナー≫は1ドロー可能。

*5:2F2C 3/4/4 [ゴースト][ワーカー] ドロー+2 ≪ブレイクカードのコスト≫は、オーナーの手札に戻る。≪このキャラクター以外の、カード名称に「女神」を含むブレイクしている(ダークロア)のネームレベルキャラクター全て≫はチャージ2を得、+1/+1/+1される。

*6:1/1/1 [ワーカー][タレント] ▼このキャラクターをブレイクする場合、≪そのブレイクカードのコスト≫はオーナーの手札に戻る。

*7:3F1C 4/6/4 [ワータイガー][鬼][マシン] ▼ シールド バインド1 イニシアチブ サーチ 【“トゥーラ・ムリンプ”のみブレイク可能。】このキャラクターに効果を発揮している各勢力のプロジェクトカード・ファストカード1枚につき、≪このキャラクター≫は以下の能力を得る。「(E.G.O.):インターセプト」「(阿羅耶識):±0/+1/+1」「(WIZ-DOM):ペネトレイト」「(ダークロア):攻撃力+(1)」「(極星帝国):耐久力+3」「(イレイザー):ブレイクスルー」「(E.G.O.)(阿羅耶識)(WIZ-DOM)(ダークロア)(極星帝国)(イレイザー):インフィニティ」

*8:3FXC あなたの任意のあなたの手札の、コストX以下のブレイクカード1枚を指定する。ターン終了時まで、指定したカードを全てのプレイヤーに見せてプレイする。メインフェイズ終了時まで、目標の≪キャラクター1人≫と、指定したカードの能力値を合計して判定する。

*9:2F0C 目標の≪あなたの支配キャラクター1人≫はガードする。既にガード宣言しているキャラクターがいる場合、目標とそのキャラクターの通常攻撃力・耐久力を合計して判定する。メインフェイズ終了時まで、目標がバトルする際、≪目標のバトル相手≫のスキル全てを無効化する。

*10:2F1C ≪あなたの任意の、ドロー-Xを持つキャラクター1人≫を捨て札する。その後、≪あなたの任意のプレイヤーまたはキャラクター1人≫に5ダメージを与える。

*11:3F1C ≪あなたの任意の、キャラクター1人にセットされているパワーカード2枚まで≫を捨て札する。

*12:4F4C 4/6/4 [イレイザー][アンデッド] このカードがセットされた場合、≪あなたの任意のキャラクターX体≫を捨て札する。Xはこのキャラクターを構成する、このカードと同じネームを持つカードの枚数に等しい。

*13:4F4C 5/6/6 [♂ヴァンパイア] バインド2 レジスト[ヴァンパイア][♂ヴァンパイア] このカードがセットされた場合、≪あなたの任意のブレイクカード1枚≫を捨て札可能。その後、あなたのデッキの上からカードX枚を引いて、このキャラクターにパワーカードとしてセットする。Xはこの効果で捨て札したブレイクカードのコストに等しい。

ば~ど☆ば~ど☆2011/09/22 23:30デジタルフュージョンは1Cで『五大明王“不動明王”』でした。
なお、さらにレスポンスでティアー・オブ・エンジェル→デジタルフュージョンしてます。
合計されないことも考慮のうえ念のため使っていた次第です。

2011/09/18 (Sun)まけてしまうとはなさけない

BCC渋谷1日目 @ シダックスホール

| BCC渋谷1日目 @ シダックスホール - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - BCC渋谷1日目 @ シダックスホール - つかの4割戦記

ジャッジとして参加しました。

だって権利とか持ってないもん。てゆーか、予選参加回数が1回だけなんて取る気が無かったんじゃと問われれば、その通りと胸張っちゃいますよw。

なぜ1回しか予選参加しなかったのよと問われれば、一部のマニアックなおやかたさん以外全員白デッキなんですもの。白デッキ苦手なのよ。自分が組むのも相手するのも。

そんなおやかたさんに向かって「負けてしまうとは情けない」って言ったらいぢけて帰ってしまわれましたww。


この日のアクエリ関連のイベントとしては、「魔法少女リリカルなのは」ViVidグランプリ決勝大会、エキストラパーティ、初心者体験会の3本立てだったのですが、人少な目でした*1。なのは関連に熱心なプレイヤーさん方は、このテの全国大会にはあまり興味が無いのかな?

本来の攻撃力

《ライオットザンバー・スティンガー》*2の「本来の攻撃力」ってどこまで? という質問。

答えは、「そのキャラクターを構成する一番上のブレイクカードまたはキャラクターカードの左下の丸の中に書かれている数値」+「そのキャラクターにセットされているパーマネントカード全ての左下の丸の中に書かれている数値の合計」です。

QA-2029にそのままのことが書いてありました。

それにしても、ここまで頻繁に使う用語なら、もうサマリーに書いてもいいと思うんだ…。

家族でお風呂

質問されたケースは、《絶招炎雷炮》*3《家族でお風呂》*4で捨て札にできますか? というもの。

答えは「できません」。

《家族でお風呂》で捨て札できるカードは、カードテキストに『目標の≪~~~キャラクター1人≫』と書かれているカードだけです。

同様のケースで、《管理局特務六課“フェイト・T・ハラオウン”》*5のアビリティがありますが、これも上と同じく、カードテキストに『目標の≪~~~キャラクター1人≫』と書かれているカードだけを防ぐことができます。


*1:ViVidグランプリで49名……だったかな?

*2:3F2C ターン終了時まで、目標の≪あなたの支配キャラクター1人≫が次にダメージを与える場合、本来の攻撃力を2倍して判定する。目標が“フェイト・T・ハラオウン”の場合、ターン終了時まで、目標はブレイクスルーを得、このカードが捨て札になる場合、オーナーの手札に戻す。

*3:3F3C このカードの使用宣言時に、あなたの支配キャラクター1人を指定する。指定したキャラクターが“リオ・ウェズリー”だった場合、このカードが効果を発揮した際に≪あなたの任意のキャラクター1人≫をオーナーの手札に戻すことが可能。ターン終了時まで、≪指定したあなたの支配キャラクター1人≫はキャラクターを目標にアタック宣言可能。ターン終了時まで、≪指定したあなたの支配キャラクターからバトルまたはアタックによるダメージを与えられて捨て札されなかったキャラクターと、そのキャラクターにセットされているカード全て≫は、オーナーの手札に戻る。

*4:2F1C 目標の≪キャラクター1人が目標のプロジェクトカードまたはファストカード1枚≫を捨て札する。

*5:3F3C 5/5/4 [クリーチャー][ミスティック][ワーカー] イニシアチブ ≪このキャラクター≫は対戦相手の使用したプロジェクトカード・ファストカード・エフェクトの目標にならない。このキャラクターがアタック宣言している場合、≪このキャラクター≫の攻撃力に+3して判定する。

2011/07/06 (Wed)さすがに賞味期限切れ

答えが…………………………返ってきたのです

| 答えが…………………………返ってきたのです - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 答えが…………………………返ってきたのです - つかの4割戦記

当時、ノルニル三姉妹デッキを脳内構築していました。カードリストを見ていて、ふと気になったので何気なく質問してみたのです。送信履歴を見ましたら、4月6日のことだったのでした。

その後、そのデッキは組まれることも無く構築意欲も薄れ月日は流れて………、質問したことすら忘れてしまったこの日、答えが返ってきたのでした。

《ノルニル“スクルド”》が場に居る状態で《スクルドタイム》を使用し、効果を発揮しました。

この時、《ノルニル“スクルド”》のアビリティ『≪プレイヤー全て≫は、自分のターンの通常のメインフェイズの後に追加のディスカードフェイズを行う。』で行う追加のディスカードフェイズと、《スクルドタイム》の効果『その後、≪あなたの支配エリアの“スクルド”と“ウルド”と“ベルダンディ”≫に、精神力に等しくなるまであなたのデッキの上からカードを引いてパワーカードとしてセットし、≪あなた≫は通常のメインフェイズを終了し、追加のメインフェイズを行う。』で行う追加のメインフェイズのどちらを先に行うのでしょうか?

その状況ですと《スクルドタイム》の効果でメインフェイズが終了し、その終了時に《ノルニル“スクルド”》のアビリティで追加のディスカードフェイズを行い、《スクルドタイム》の効果で追加のメインフェイズを行う事になります。

もはや、あ、そうですか、としか言えません。

果たして、ワタシがまたノルニル三姉妹デッキを組みたくなる日は来るのでしょうか?

2011/05/03 (Tue)へいじゃっじ

アクエリ祭り @ 都立産業貿易センター台東館7F展示室

| アクエリ祭り @ 都立産業貿易センター台東館7F展示室 - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - アクエリ祭り @ 都立産業貿易センター台東館7F展示室 - つかの4割戦記

ジャッジとして参加してきました。

ブロックトーナメント当日予選→ブロックトーナメント決勝と担当し、アクエリアンパーティーの待機列が長いなーと思ってサポートしていたら、いつの間にかアクエリアンパーティー専従になっていました。

アクエリアンパーティーでは「魔法少女リリカルなのはViVid」ボーナスのデッキチェックにかなり手間取り、すぐに列が長くなる傾向がありました。対象となるネームのカードをデッキの上3枚に置いていてくれた方々、ご協力ありがとうございました。今後、各地で開催されるあくえり祭りに参加される方々も同様にしていただけると、非常に助かると同時に、待機列で待ってる時間が減ることになります。ご協力をお願いします。


「魔法少女リリカルなのはViVid」ボーナスといえば、

・「魔法少女リリカルなのはViVid」のネームを1種選ぶ

・そのネームのブレイクカード3枚以上デッキに入れて、メインになるように構築

というのがルールですけど、不合格となった方が1名いらっしゃいました*1《ブルマー格闘少女》を狙っている方は気をつけましょう。


今回はイベント数のわりにスタッフが少なかったせいで、いろいろご不便やご迷惑をお掛けしたと思います。なにせ、あるジャッジさんは初心者向け体験会とViVidバトル!を掛け持ちしていましたし、あるジャッジさんはViVidバトル!3卓をまとめて面倒みていたみたいでした。せめてもう1人居れば…。直前(4月30日)におやかたさんを勧誘していなかったらと思うとゾッとします。


今回は途中からアクエリアンパーティー専従となり、受付ブース内に篭ってしまったので、それほどルール面でのトピックはありません。

当日予選開始前に、初心者さんとおぼしき方から比較的簡単な質問を受けたりしていました。たとえば、

《剣巫女“弓削 遙”》がアビリティ*2で与えるダメージって、どんなタイミングなの?

とか、

《金の閃光“フェイト・T・ハラオウン”》*3がイニシアチブのタイミングでバトル相手を捨て札した場合、通常のタイミングのダメージは相手プレイヤーに与えられるのでしょうか?

とか。

決勝大会で裁定した中で印象に残っているのは…

ろうそくの炎は燃え尽きる直前がイチバン明るい

【状況&疑問点】

あるプレイヤーさん。残りデッキは3枚。ダメージ置き場には5枚で、うち3枚が《命の蝋燭》*4でした。そして4枚目の《命の蝋燭》を使用宣言、レスポンスは無く効果解決し、デッキから3枚捨て札したところでデッキ0に。そしてダメージ置き場にある3枚の《命の蝋燭》の後段の効果が発動するわけですが、どのように処理するのでしょうか?

【裁定】

「アビリティで捨て札の対象となるキャラクター5体×3枚の15体をまとめて指定してください」

5体ずつ3回に分けて処理しても、結局同じことになると思ったもので。

【正解】

やはり、5体ずつ3回に分けて処理するのが正解だそうです。バインド等の処理の関係で、同じキャラクターを複数回指定する可能性があるのが理由のようです。

現場では、指定した15体全てがバインド等で生き残らず捨て札になったと記憶していますのでとくに影響はありませんでしたが、以後気をつけたいと思います。


実はこれを書いているのは2週間後だったりするので、記憶が薄れていたりしています(汗)。決勝2回戦まではフロアを動き回っていましたので、もっといろいろ呼ばれて裁定した気がするのですが…。


アクエリアンエイジって、カードゲームの中ではちょっと毛色が変わっているようで、初心者さんはちょっとしたことがわからないと思います。大会では、どうぞ気軽にジャッジさんを呼んでください。簡単な質問でも「チッ、コンナ簡単ナコトデ呼ブナヨナー」とは決して思っていません。むしろ「コレナラワタシデモワカル」とホッとしているかもしれませんよ?


*1:その方は違うネーム3体を1枚ずつ投入していたのです。

*2:このカードの下に“弓削 遙”がある場合、≪このキャラクター≫はバインド1を得、このキャラクターがアタック宣言・ガード宣言した場合、このキャラクターのアタック目標またはガード宣言されたキャラクターのオーナーにXダメージを与える。≪このキャラクターのアタック宣言に対してガード宣言するか、このキャラクターにガード宣言されたキャラクターのオーナー≫にXダメージを与える。Xはこのキャラクターのパワーに等しい。

*3:このキャラクターがイニシアチブを持つ状態でバトルする場合、≪バトル相手のキャラクター≫にイニシアチブのタイミングと通常のタイミング、それぞれでダメージを与える。

*4:≪プレイヤー全て≫のデッキの上から、カードを3枚捨て札する。その後、≪このカード≫をあなたのダメージ置き場に置く。このカードがダメージ置き場に置かれた状態で、あなたのデッキが0枚になった際に、あなたがこのカードのファクターを満たしている場合、≪あなたの任意のキャラクターX体≫を捨て札する。その後、このカードを捨て札する。Xはあなたのダメージ置き場のカード枚数に等しい。

八天八天2011/05/18 13:10デッキの上に3枚ブレイクカードを置いて提出はしたが
構築自体も見なきゃいけないんじゃ?

つかつか2011/05/18 13:27そんなヒマなかった、というのが実情。一応、列が短かった時には、キャラクターカード数枚のアイコンをチェックしましたけど。実際にブレイクできる構築かどうかは、対戦相手が知ってるはずだし。
それにしても、レスポンス速いッスね。

2010/09/18 (Sat)へいじゃっじ

ブロックトーナメント2010関東地区決勝 @ 都立産業貿易センター台東館

| ブロックトーナメント2010関東地区決勝 @ 都立産業貿易センター台東館 - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ブロックトーナメント2010関東地区決勝 @ 都立産業貿易センター台東館 - つかの4割戦記

予選参加回数が1回なので以下省略。今日もジャッジです。

初心者体験会とアクエリ同情道場のサポート担当でしたので、当日予選ならびに決勝のエリアにはあまり行かなかったのですが、対戦中でない場面で受けた質問のうち、2点ほど挙げてみましょう。

ダメージを与えたのは誰?

【状況】

《ホーリー・ナイト“ジュリア・クローデル”》《王の守護神“セクメト”》を支配しているプレイヤー。相手のターンに、相手キャラクターのアタック宣言に対して《ホーリー・ナイト“ジュリア・クローデル”》でガード宣言し、以後レスポンス無くバトルに。

【疑問点】

バトル解決時に、《ホーリー・ナイト“ジュリア・クローデル”》のアビリティ「このキャラクターに与えられたダメージは、≪あなた≫が代わりに受ける。」によってプレイヤーがダメージを受けますが、ここで《王の守護神“セクメト”》のアビリティ「あなたがこのカードの効果以外でダメージを受けた場合、≪そのダメージを与えたキャラクターのオーナーまたはそのカードのオーナー≫にXダメージを与える。Xはこのキャラクターの攻撃力に等しい。」が発動するわけです。この『そのダメージを与えたキャラクター』って誰なのでしょう?

【ワタシの回答】

《ホーリー・ナイト“ジュリア・クローデル”》がプレイヤーに与えたダメージであると回答しました。

ちょっと自信が無かったので、その時点で待機状態だったヘッドジャッジKさんにも訊いてみましたが、同じ答えでした。

パーマネントの行方が生死を左右する…

【状況】

《湖の女主人“モルガン・ル・フェイ”》を支配しているプレイヤー。別の支配キャラクターAには《ブラーク》がセットされています。ここで、キャラクターAが何らかの効果で捨て札される事態が発生しました。

【疑問点】

キャラクターAを、《湖の女主人“モルガン・ル・フェイ”》のアビリティ「≪パーマネントカードがセットされているキャラクター≫が捨て札になる場合、セットされているパーマネントカード全てを、そのオーナーのダメージ置き場に置くことで、そのキャラクターを場に残すことができる。」で場に残そうとした場合、《ブラーク》にはアビリティ「このカードが除去される場合、≪このカード≫をオーナーの手札に戻す。」があるのでダメージ置き場には置かれないため、《湖の女主人“モルガン・ル・フェイ”》のアビリティは効果を発揮しないのではないか? というものでした。

ルールサマリー第13.0稿の21-2項に除去という言葉の定義がされていて、「場にセットされているカードが、捨て札置き場またはダメージ置き場または手札またはデッキに移動する場合。」と記述されています。回答時にはこの点も頭にありました。《湖の女主人“モルガン・ル・フェイ”》のアビリティによって《ブラーク》がダメージ置き場に置かれるケースも「除去」です。

【ワタシの回答】

いろいろ考えた結果、回答選択肢としては以下の3つではないかと。

  • (1)両者のアビリティを「矛盾」と捉え*1、サマリ22-2のカード種類の優先順位により《湖の女主人“モルガン・ル・フェイ”》のアビリティだけが効果を発揮し、《ブラーク》はダメージ置き場に置かれ、キャラクターAは場に残る。
  • (2)別に矛盾でも何でもなく、《湖の女主人“モルガン・ル・フェイ”》のアビリティによってキャラクターAは場に残り、「除去」された《ブラーク》のアビリティも発動して手札に戻る。
  • (3)プレイヤーが選択できる。《湖の女主人“モルガン・ル・フェイ”》のアビリティによってキャラクターAを場に残すか、《ブラーク》のアビリティだけを発動させて《ブラーク》を手札にもどしキャラクターAを捨て札するか。

結局、個人的見解と前置きしておいて、(1)と回答しました。オフィシャルへ質問することも勧めたのは言うまでもありません。

この件、これを書いている現時点でも、未だに明確な答えが出せません。


*1《ブラーク》がダメージ置き場に置かれなければ、《湖の女主人“モルガン・ル・フェイ”》のアビリティは発動しないという考えです。