つかの4割戦記

勝率4割前後のトホホあくえりプレイヤーの書く、対戦レポート中心の週記です。もしかしたら月記かもしれません。
基本的にカードゲーム アクエリアンエイジ 以外の事を書くことは無いでしょう。
デッキレシピなんかも書いていますが、てきとーに組んでいるか、コンセプトが実用的でない場合が多いので、参考にはならないと思います。

2009/07/19 (Sun)すてこんはたのしいな

すてき☆デッキこんてすと『U3』(公認大会:アルティメットスタイル) @ アンサンブル荻窪 参加11名 スイスドロー3回戦

| すてき☆デッキこんてすと『U3』(公認大会:アルティメットスタイル) @ アンサンブル荻窪 参加11名 スイスドロー3回戦 - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - すてき☆デッキこんてすと『U3』(公認大会:アルティメットスタイル) @ アンサンブル荻窪 参加11名 スイスドロー3回戦 - つかの4割戦記

どーも、お久しぶりです*1

別に更新をサボっていたわけではなくて、単純に忙しくて寝る時間すら削って仕事してただけなのですよ。だから、いつもの中断期間にありがちだった滞納レポは、今回は無いのです。

すてこん…、通算で12回目ですか。思い返せば、第2回から皆勤です*2。でも主催者さんは皆勤なんですよね(←当たり前)。こういう「ふつーのデッキ」が排除されるような大会は、とても貴重に思っていますので、ば~ど☆さんにはこれからも続けて頂きたく思うとともに、深い感謝を。

使用デッキ:ディスカードフェイズは捨て札するためにあるのです ver2.00

とにかく、新たなデッキを考える時間が無かったので、以前にSaga3スタイルで組んでいたデッキを焼きなおしただけです。ただ、素体から見直したので結構入れ替わっています。

1戦目:空中幼彩

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

相手はキャラクターばかり支配するものの、何か苦しそう。妙に光るカードが多いデスね……空中幼彩単デッキですか。メインは何でしょう?

こちらはそれなりに順調。《ノルン“ウルド”》は引けなかったのですが、とりあえず《ノルニル“スクルド”》《久遠の女神“ベルダンディ”》《運命の女神“ノルン”》をブレイクして嫌がらせ開始w。次ターンには《夜の魔女“リリス”》をブレイクして《星詠み“エレノール・フォーチュネイト”》をセット。ドローが1だった相手にはプレゼントだったかな?

この段階でも相手はまだファクターが足りない様子。なので、4/5/5の《ノルニル“スクルド”》でアタック開始。そして相手に攻撃力3以上が居ないので《久遠の女神“ベルダンディ”》《運命の女神“ノルン”》でもアタックします。相手ダメージ置き場には《タイムジャンパー“千頭 さとり”》《ハイパーアイドル“小鳥遊 ひびき”》が。

その後、最大精神力が2の相手に《月光浴》3発をお見舞いして手札を1枚だけにしてみたりとか嫌がらせをして、さぁここからというところでタイムアップ。

引分:9-1

2戦目:草薙剣?

じゃんけん勝で先攻、相手引き直し実行。

相手が最初に支配したのは《G.A.パイロット“ミルフィーユ・桜葉”》阿羅耶識のキャラクター。その後、展開するのは阿羅耶識側だったので、何のデッキか判りません。

こちらは2ターン目に《ノルン“ウルド”》を支配し、3ターン目にWIZ-DOM側が3ファクターに。4ターン目に《スペルブック》を撃って、序盤の勢力まわしでダメージ置き場に落ちていた《ノルニル“スクルド”》《世界樹》を回収して、《ノルニル“スクルド”》《夜の魔女“リリス”》《運命の女神“ノルン”》をブレイク、《魔女の刻印》《夜の魔女“リリス”》にセットして、ほぼ場が完成。5ターン目から5/6/6の《ノルニル“スクルド”》でアタック開始します。

相手は《巫女“熱田 静”》をブレイク。うーん、未だに何のデッキか判りません。

こちらは《久遠の女神“ベルダンディ”》をブレイクして《ノルニル“スクルド”》を6/7/7に。更に攻めて9ダメージ。

相手は《巫女“熱田 静”》《草薙剣》をセット。なぜか特攻してきたので《ノルニル“スクルド”》でガードして10ダメージでした。

勝利:10-4

3戦目:キネ壁グッドスタッフ[しるふぃ~えるさん]

はいはい、仕様仕様w。双方1勝1分で、他に勝ち点4のヒトが居ないようでしたので、事前に何となく判ってはいたのですがね。2戦目の相手氏は1戦目でしるふぃ~えるさんと対戦していまして、「同系統」のお言葉に何となくイヤな予感を憶えつつ…。

じゃんけん負、でも先攻、相手引き直し実行。

相手はE.G.O.メインの様子。早々に《魁巫女“斎木 奈々”》をブレイクして、ブレイクコストをたくさん戻しますよーという態勢に。

こちらは2ターン目に《ノルン“ウルド”》を支配し、3ターン目に《ノルニル“スクルド”》《久遠の女神“ベルダンディ”》《運命の女神“ノルン”》をブレイク。

相手返しのターンで《スキムパス“結城 望”》をブレイク、手札を見られます。

こちらのターン。《ノルニル“スクルド”》は2パワーでしたので、このターンは攻められません。《ノルニル“スクルド”》には4パワー挿して1回はアタックできるようにします。

こちら次のターン。メインフェイズ開始時に《キネティックウォール》。あぁ、「双魚宮の深淵」より前のカードがコンバートされる前のスタンダードスタイルでよく対戦したなぁ、このデッキと。仕方が無いので《夜の魔女“リリス”》をブレイクして《星詠み“エレノール・フォーチュネイト”》を支配。

相手のターン。《インタラプター“斎木 美奈”》《メイド“鷺沢 絵梨奈”》をブレイク。これで相手4ドローこちら6ドローとお互いにドロー過多になり、ディスカードフェイズで毎回何かを捨て札することに。

こちらのターン。1回だけでも《ノルニル“スクルド”》でアタックしておきます。《魔女の刻印》をようやく引いたので、嬉々としてセットしたら、メインフェイズ終了時にレスポンスで《インタラプター“斎木 美奈”》のエフェクトを0コストで使われてデッキに戻されました。ディスカードフェイズが復活しました。あーあ。

相手のターン。《シャドウ・バインダー“洞沢 千影”》が出現。

これでお互いに攻め手が無くなりました。この時点で残り時間1分30秒のコール。引き分けだなぁと思いつつ、次ターンに《世界樹》を撃ってデッキ回復するワタシ。《インタラプター“斎木 美奈”》のパワーが2だったこの時がチャンスだったのデス。更に《スペルブック》でダメージの《世界樹》を手札に戻してみたり。

引分:1-4

結果:1勝2分0敗:6位

やはり焼き直しデッキではウケが良くないようで。対戦時ポイントよりも順位が下がったようです。詳細はば~ど☆さんの方を参照してくださいませ。

今回は対戦時間が25分と普段よりも短かったのですが、引き分けの2戦とも、あと5分あれば勝てた試合だったかなー、とも思いました。まぁ、閉場時間が決まっていましたし、実際ギリギリの進行だったわけですし、大会自体が急遽設定されたので会場の確保が難しかったという理由もありましたから、別に不満に思っているわけでは無いのでば~ど☆さんは気にしないように。大会を開いてくれただけで感謝なのです。


*1:最近、「眠い」か「おひさ」とゆー書き出ししかしてないよーな…。

*2:1回目の時は名古屋に出張していて、当日も仕事で大垣と豊橋の間を行ったり来たりしてましたんで参加できなかったのです。