つかの4割戦記

勝率4割前後のトホホあくえりプレイヤーの書く、対戦レポート中心の週記です。もしかしたら月記かもしれません。
基本的にカードゲーム アクエリアンエイジ 以外の事を書くことは無いでしょう。
デッキレシピなんかも書いていますが、てきとーに組んでいるか、コンセプトが実用的でない場合が多いので、参考にはならないと思います。

2009/06/21 (Sun)タイトル変えようかな…

アクエリアンブロックトーナメント2009関東地区当日予選(Saga3スタイル) @ 都立産業貿易センター台東館 参加23名 スイスドロー3回戦

| アクエリアンブロックトーナメント2009関東地区当日予選(Saga3スタイル) @ 都立産業貿易センター台東館 参加23名 スイスドロー3回戦 - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - アクエリアンブロックトーナメント2009関東地区当日予選(Saga3スタイル) @ 都立産業貿易センター台東館 参加23名 スイスドロー3回戦 - つかの4割戦記

なんか、参加者が思ったよりはるかに少ないです。「予選に(あまり)参加できなかった」という事情の方々は別として、そーでない我々はきっと負け組に違いないと思うあたり、もうね…。

1回負けたら即離脱しますよー。

使用デッキ:空飛ぶライダー ver1.01

1戦目:教皇

で、一番強そうなヒトと当たるのは仕様なんでしょうね。

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》《可変翼戦闘爆撃ヘリ メガネウラ》も引かないのに、《生徒会長“相楽 香津貴”》が最初から手札にあります。これ何のデッキでしたっけ?

E.G.O.2ファクターをキャラクター支配で確保した後の3ターン目に、《トレーダーメイド》をブレイク。キャラクターを支配してE.G.O.4ファクターに。

相手は案の定WIZ-DOMメインで展開しています。

こちらのターン。まーだ《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》《斎木インダストリー代表取締役社長“斎木 麗名”》も引けないので、パワー1のキャラクターを《生徒会長“相楽 香津貴”》でブレイク。更に《超融合戦闘機“ブレイブジェット”》をセットして1回アタックしておきます。

相手のターン。《教皇“ヨハンナ・ウァレンティヌス”》をブレイク、更に《メトセラ》をセットされました。もうダメかも…。

こちらのターン。オフェンシブがある分こちらが有利なので、《生徒会長“相楽 香津貴”》でアタックしておきますが、パワーを削りきることはできませんでした。余ったパワーカードで《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》をブレイクして《可変翼戦闘爆撃ヘリ メガネウラ》をセットしておきます。

相手のターン。《教皇“ヨハンナ・ウァレンティヌス”》のプロジェクトカードのエフェクトを使用され、《デス・サークル》が手札に。そして《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》を目標に使用されました。このときに戻ったコストの中に《デス・サークル》が混ざっていて、げんなりしつつも《生徒会長“相楽 香津貴”》アビリティで擬似バインド。でもパーマネントカードとパワーカードは捨て札に。

こちらのターン。めぼしいカードが引けなかったワタシは負けを覚悟。

相手のターン。《教皇“ヨハンナ・ウァレンティヌス”》のプロジェクトカードのエフェクトを使用するも、デッキにはプロジェクトカードはなかったようです。まず《生徒会長“相楽 香津貴”》を目標に《デス・サークル》《生徒会長“相楽 香津貴”》自身のアビリティで擬似バインドするもパワーは0に。そして《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》にも《デス・サークル》。そして総攻撃されてダメージ10でした。

敗北:2-10

結果:0勝1敗:1回戦離脱

予定通り、即離脱しました。


アクエリランブル(Saga3スタイル) @ 都立産業貿易センター台東館 参加?名

| アクエリランブル(Saga3スタイル) @ 都立産業貿易センター台東館 参加?名 - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - アクエリランブル(Saga3スタイル) @ 都立産業貿易センター台東館 参加?名 - つかの4割戦記

既に対戦が開始されていましたが、新規受付終了まで5時間半あります。10勝景品のPR092《サイレントウィッチ“ジリアン・マキャフリー”》目指して頑張りますよ。

例によって内容までメモする時間がありませんでしたから、内容はかなり簡易です。

使用デッキ

(1)ローズマリー ver1.00

(2)諏訪あざか ver1.20

(3)アンネローゼ ver1.00

(4)空飛ぶライダー ver1.01

(5)風雲クラリス城 ver3.00

1戦目:ジャンヌ

こちらはローズマリーを使用。

じゃんけん負で後攻、引き直しせず。

相手の展開の仕方でキャラクターデッキとは看破できたのですが、早々にダメージ置き場に《オルレアンの少女“ジャンヌ・ダルク”》が2枚落ちて、ブレイクスルーとだけ書かれたキャラクターに攻められます。

こちらは何とか《枢機卿“ルイーズ・デュ・リシュリュー”》をブレイクして相手のシンクロとかバインドとかを阻止しつつ《プリンセス・ローズ“ローズマリー・フォンブリューヌ”》を待ち、引いた時点でブレイクします。

最終的に相手ダメージ置き場には《オルレアンの少女“ジャンヌ・ダルク”》4枚が揃ってしまい、ファストタイミングブレイクの心配が無くなったこちらが攻め返してみますが、デッキ数枚差で及ばず。

敗北:8-9

2戦目:ブリュンヒルト

こちらはローズマリーを使用。

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

《死乙女“ブリュンヒルト”》を早々にブレイクされて非常に手を焼きましたが、精神攻撃キャラクターで《死乙女“ブリュンヒルト”》を倒さないように細かく攻めたりして相手デッキを薄くしてみました。《空中ブランコスター》の攻撃力(2)が強かったです。

勝利:7-9

3戦目:巨大艦隊

こちらは諏訪あざかを使用。

じゃんけん負で後攻、引き直しせず。

完全イレイザー単色で回る相手。でも中々《巨大艦隊》を引かない様子です。

こちらも《和巫女“伊雑 あざか”》は引けないものの、《払巫女“諏訪 里奈子”》《帥巫女“弓削 遙”》を並べて、《帥巫女“弓削 遙”》で攻めます。

相手のデッキが半分以下になったところで、ようやく《巨大艦隊》をブレイクする相手。連鎖は1回だけでしたけど、大量チャージしてくれたので、ドロー6に対して残デッキは8枚。

こちらのターンでパワー4の《帥巫女“弓削 遙”》を特攻させて、返しのターンでドローアウトでした。

勝利:7-4

4戦目:ィアーリス

こちらは諏訪あざかを使用。

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

こちらは事故気味、相手も《女王竜“ィアーリス”》は出てこないものの、《ヒートドラグーン》《ドラグーン・チャンピオン》《スカードラゴン》が大量に並び、総攻撃されて10ダメージでした。

敗北:5-10

5戦目:YUKANA

こちらは諏訪あざかを使用。

じゃんけん負で後攻、引き直し実行。

相手の3パワー《メタルファイター“YUKANA”》がアタック宣言してきました。3回通すと12点、《帥巫女“弓削 遙”》《クラン・ビースティ》でシンクロガードすると相手を倒せてペネトレイトで15点。後者を選択。10ダメージで負けました。けど、12点受けてても10ダメージだったんで同じかなぁ。

敗北:5-10

6戦目:星野JAPAN

こちらはアンネローゼを使用。

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

相手序盤の勢力まわしで《スターバスター“星野 飛鳥”》《スキムパス“結城 望”》がダメージ置き場に。

ガクブルしつつ、こちら3ターン目に《チャリオット“アンネローゼ・ノルトライン”》をブレイク。次ターンに引いた《薔薇十字団員》で相手に展開される前にひたすら攻めました。

勝利:10-3

7戦目:りのん

こちらはアンネローゼを使用。

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

《マジカルスイート“須藤 りのん”》《プリンセス・ローズ“ローズマリー・フォンブリューヌ”》を早々に並べられて非常に困りました。《マジカルスイート“須藤 りのん”》には《北辰霊符》がセットされています。イニシアチブだと《チャリオット“アンネローゼ・ノルトライン”》が居ても余り意味が無いんですよね。

仕方なく《マジカルスイート“須藤 りのん”》《デス・サークル》を撃ってみたものの、《プリンセス・ローズ“ローズマリー・フォンブリューヌ”》に攻められて…。

敗北:5-8

8戦目:千頭ますみん

こちらはアンネローゼを使用。

じゃんけん負で後攻、引き直しせず。

こちらは《チャリオット“アンネローゼ・ノルトライン”》を引けません。相手の《タイムジャンパー“千頭 さとり”》とこちらの《死乙女“ブリュンヒルト”》が2回ずつ手札に戻ってみたり。

最終的にはこちらの補給が足りなくなったところを攻め込まれて10ダメージでした。

敗北:7-10

9戦目:青単クラリス城

こちらはアンネローゼを使用。

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

相手が《リビングキャッスル“ノイベルシュタイン”》をブレイク、こちらが《チャリオット“アンネローゼ・ノルトライン”》をブレイクしたところで、4コスト《デス・ルーン》

以後お互いにちまちま再展開するも、相手は《リビングキャッスル“ノイベルシュタイン”》のチャージXがモノをいい、こちらが引くキャラクターカードは全部ドロー+1と書かれたカードだったりして展開が遅れました。

結局《マッドアルケミスト“クラリス・パラケルスス”》をブレイクした相手が《ホムンクルス・フローリスト》を操ってチマチマ攻めてきたのを全部本体に通して10ダメージでした。

敗北:2-10

10戦目:クァール型クラリス城

こちらはアンネローゼを使用。

じゃんけん負で後攻、引き直し実行。

こちらはまたも《チャリオット“アンネローゼ・ノルトライン”》を引けません。

相手は早々に《マッドアルケミスト“クラリス・パラケルスス”》をブレイク。

ちまちま攻められたこちらの最終ターン。こちらの支配エリアは、《薔薇十字団員》パワー3、《ムーン》パワー2、《月の船の巫女》パワー1、《戦士》パワー1、《マジカルウォリアー》パワー2でした。相手支配エリアには結構な数のキャラクターが居て、《マッドアルケミスト“クラリス・パラケルスス”》はフルパワーで、それ以外のキャラクターには平挿し。こちらダメージは8、相手ダメージは5、手札には《デス・サークル》《チャリオット“アンネローゼ・ノルトライン”》《ラーの光》。メインフェイズ開始時に相手は《クリーチャー・クリエイト》を使用宣言して、軽ブレイクを手札に戻しています。

ここで結構考えてとった行動は、《チャリオット“アンネローゼ・ノルトライン”》《ムーン》にブレイク。そして《チャリオット“アンネローゼ・ノルトライン”》アタック宣言、相手パワー1の《ホムンクルス・メイド》でガード宣言、こちら3コスト《ラーの光》*1《チャリオット“アンネローゼ・ノルトライン”》でした。貫通した7ダメージで5ダメージ乗ればOKだったのですが、相手は9ダメージ止まりでした、残念。

敗北:9-10

11戦目:?

こちらは空飛ぶライダーを使用。

じゃんけん負で後攻、引き直しせず。

この対戦、全く記憶に残っていません。申し訳ありません。

勝利:7-2

12戦目:教皇

当日予選の対戦相手と再戦です。

こちらは諏訪あざかを使用。

じゃんけん負で後攻、引き直しせず。

相手に早々にブレイクされた《プリンセス・ローズ“ローズマリー・フォンブリューヌ”》がどうにもならず。1積みだったそうで。

敗北:1-10

13戦目:ローズマリー

こちらは空飛ぶライダーを使用。

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

相手はまたも《プリンセス・ローズ“ローズマリー・フォンブリューヌ”》をブレイク。

こちらは《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》をブレイクして《可変翼戦闘爆撃ヘリ メガネウラ》をセット。

相手は5パワー《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》に6コスト《邪印》。ちくしょー、《環境適応スーツ》は持ってたんだけど、コストが足りなくてセットできなかったんだよー!

敗北:0-10

14戦目:セプチャ生贄日照り

こちらはアンネローゼを使用。

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

相手は▼0/2/2のセプチャを大量支配。ダメージ置き場に《生贄の儀式が落ちた時点でデッキ判明。

こちら返しのターン。こちら精神力2のキャラクターに《月光浴》を使用されたので、《森の隠者“エディス・ハーキュリー”》をブレイク宣言します。そのレスポンスで《日照り》《生贄の儀式を使用されました。一手遅かった…。

敗北:1-10

15戦目:がしゃどくろ

こちらは空飛ぶライダーを使用。

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

相手は普通に展開、しかしダメージ0で《怨怪“がしゃどくろ”》をブレイク。こちらのデッキにはゴーストもアンデッドも入ってません。

こちらは《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》をブレイクして《可変翼戦闘爆撃ヘリ メガネウラ》をセット。そして相手が何もできないうちに《超融合戦闘機“ブレイブジェット”》《環境適応スーツ》《ジャンクバスター》をセットしてガード不能にしてしまいました。

勝利:7-3

16戦目:アシュレイ&ヘル

こちらは風雲クラリス城を使用。

対戦開始時点で新規受付終了となりました。この時点でお互い勝ちに必死になる必要がなかったのでマッタリプレイ。

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

相手早々に《奈落の女王“ヘル”》をブレイク。ひたすら攻められますが《ホムンクルス・パターン》で何とか足止め。

こちら《リビングキャッスル“ノイベルシュタイン”》をブレイクするも、相手返しのターンで《エナジー・ドレイン》

そのうち、相手は《ヴァンパイア・ハイブリッド“夜羽子・アシュレイ”》をブレイク。《奈落の女王“ヘル”》でアタックして《ヴァンパイア・ハイブリッド“夜羽子・アシュレイ”》でガードしたブレイクカードを剥がす、を2回やられました。でもダメージ率がかなり低かったので助かりました。

こちら手札には《マッドアルケミスト“クラリス・パラケルスス”》はあるのですが、ブレイクしてもレスポンスで剥がされるだけだし。囮で《ホムンクルス・アポカリプス“Works666”》をブレイクするも引っ掛かってくれません(当たり前)。

しかし、相手の方がパワー消耗が激しく、デッキが薄くなってきました。ここでこちらが引いたのは《ホムンクルスファクトリー》。捨て札置き場から大量のブレイクカードを手札に戻し、《ホムンクルス・フローリスト》を重ねブレイクしておいて壁にして、残りは全部パワーに。

相手ラストターン。突破手段無く、残りデッキを全部チャージしてました。

勝利:4-2

結果:6勝10敗

10勝はおろか、7勝景品のPR157《アークウィッチ“ミナ・アグリッパ”》にさえ届かず。負数にヘコんでます。このブログのタイトルを変えてしまおうかとも思いましたが、ヘッダに「前後」って書いてあるので思いとどまっています。

デッキ別勝敗は、

(1)ローズマリー  1勝1敗

(2)諏訪あざか   1勝3敗

(3)アンネローゼ  1勝5敗

(4)空飛ぶライダー 2勝1敗

(5)風雲クラリス城 1勝0敗

でした。


そうそう、こんな駄文を「見てます」って言ってくれた対戦相手さんが居ました。素直に嬉しかったです。役に立ってはいないでしょうが、これからもヒマな時にでも見てやってください。


*1《クリーチャー・クリエイト》さえ無ければ5コストって言えたのですが、3ファクター維持のために《月の船の巫女》《薔薇十字団員》を0パワーにできなかったのです。