つかの4割戦記

勝率4割前後のトホホあくえりプレイヤーの書く、対戦レポート中心の週記です。もしかしたら月記かもしれません。
基本的にカードゲーム アクエリアンエイジ 以外の事を書くことは無いでしょう。
デッキレシピなんかも書いていますが、てきとーに組んでいるか、コンセプトが実用的でない場合が多いので、参考にはならないと思います。

2009/06/13 (Sat)誰かじゃんけんの勝ち方を教えてください(切実)

アクエリアンブロックトーナメント2009関東地区予選(Saga3スタイル) @ アメニティドリーム池袋パワー9 参加28名 スイスドロー4回戦

| アクエリアンブロックトーナメント2009関東地区予選(Saga3スタイル) @ アメニティドリーム池袋パワー9 参加28名 スイスドロー4回戦 - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - アクエリアンブロックトーナメント2009関東地区予選(Saga3スタイル) @ アメニティドリーム池袋パワー9 参加28名 スイスドロー4回戦 - つかの4割戦記

眠いっす*1。久しぶりの池袋です。移転後のアメニティドリーム池袋パワー9は2回目の訪問なのですが、大会参加は初めてです。相変わらず、決勝大会のような顔ぶれですねぇ。

使用デッキ:空飛ぶライダー ver1.00

1戦目:張翼徳Pドラゴン

じゃんけん負で後攻、引き直し実行。

こちら3ターン目。《ディメンジョン・ストレイナー“湯上谷 舞”》《斎木インダストリー代表取締役社長“斎木 麗名”》のどちらをブレイクしようか悩んで、《ディメンジョン・ストレイナー“湯上谷 舞”》をブレイク。だって、《斎木インダストリー代表取締役社長“斎木 麗名”》をブレイクしてもチャージ0でしたし、この段階でメインをバラすのも良くないかなーという考えもありましたし。

相手返しのターン。パワー1のキャラクターに《飛燕“張翼徳”》をブレイク。あ゛ー、アレ対処できないよー。まだ《ドラゴンナイト“ソフィー・ラスタバン”》が出てないから何とかなるけどさー。《フェニックスナイト“リュディヴィーヌ・アンカ”》が出てきたから、もう入れているヒト居ないと思ってたのに。その《飛燕“張翼徳”》《ディメンジョン・ストレイナー“湯上谷 舞”》を目標にアタック宣言してきました。こちらはパワー2の《ディメンジョン・ストレイナー“湯上谷 舞”》自身と《SP女子高生》でシンクロガード宣言。レスポンス無く《ディメンジョン・ストレイナー“湯上谷 舞”》はバインド、《飛燕“張翼徳”》《SP女子高生》が捨て札に。

こちらのターン。残りパワー1になってしまったので、《斎木インダストリー代表取締役社長“斎木 麗名”》はブレイクできません。

相手のターン。《ドラゴンナイト“ソフィー・ラスタバン”》をブレイク。あ、もうダメかも。

こちらのターン。ドローフェイズで《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》をドロー。5パワーあったんで、まずは《斎木インダストリー代表取締役社長“斎木 麗名”》をブレイク。《可変翼戦闘爆撃ヘリ メガネウラ》は初手から握っていたので、デッキから何をサルベージするか悩みました。結局《ファッションリーダー》を引き上げてみます。そして《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》をブレイクし、アビリティで《可変翼戦闘爆撃ヘリ メガネウラ》をセット。

相手のターン。パワー1のキャラクターに《飛燕“張翼徳”》を再びブレイク。そして《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》を目標にアタック宣言。うーむ、《環境適応スーツ》が欲しいです。キャラクターでガードすると《プライベート・ドラゴン》をセットされた上に《ドラゴンナイト“ソフィー・ラスタバン”》で攻撃力を上げられるのは目に見えているので、仕方なく《ディメンジョン・ストレイナー“湯上谷 舞”》でガード宣言します。

こちらのターン。相手の支配エリアを対象に《可変翼戦闘爆撃ヘリ メガネウラ》の3ダメージエフェクトを使用します。が、《プライベート・ドラゴン》をセットされたり《ドラゴンナイト“ソフィー・ラスタバン”》のエフェクトで耐久力を上げられたりして、2体くらいしか捨て札されませんでした。

相手のターン。《飛燕“張翼徳”》《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》を目標にアタック宣言。こちらは《バイト少女》でガード宣言。相手レスポンスで《プライベート・ドラゴン》《ドラゴンナイト“ソフィー・ラスタバン”》にセット、更にレスポンスで《ドラゴンナイト“ソフィー・ラスタバン”》のエフェクトで《飛燕“張翼徳”》の攻撃力を1上げました。結果、ペネトレイトにより《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》に6ダメージが入って捨て札に。以後、《飛燕“張翼徳”》を阻む者は無く…。

敗北:1-10

もし《斎木インダストリー代表取締役社長“斎木 麗名”》ブレイク時に《環境適応スーツ》を戻していたとしても、少し延命できた程度でしょうね…。

2戦目:ミカエル

じゃんけん負で後攻、引き直しせず。

相手3ターン目、《電脳妖精“ラプンツェル”》をブレイク。順調ですね。

こちら3ターン目。この時点で《バイト少女》《SP女子高生》《地球防衛組》を支配していて3パワーありました。相手のパワー0の《ブースター・エンジェル》《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》で横取りブレイク、にレスポンスで《増援部隊指揮官“ゾフィエル”》をブレイクされて横取り失敗。手札に《可変翼戦闘爆撃ヘリ メガネウラ》《斎木インダストリー代表取締役社長“斎木 麗名”》だけを残して5枚パワーカードを配置。

相手4ターン目。《焔天使“ミカエル”》をブレイク。《SP女子高生》バインドにより、またパワーが足りなくなりました。《焔天使“ミカエル”》には3パワーを挿されました。

こちら4ターン目。《環境適応スーツ》《ファッションリーダー》をドロー。《斎木インダストリー代表取締役社長“斎木 麗名”》をブレイクして《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》をサルベージ。《ファッションリーダー》をセットして、ついうっかりメインフェイズを終了してしまいました。

相手5ターン目。《熾天使“ミカエル”》をブレイク。《斎木インダストリー代表取締役社長“斎木 麗名”》《バイト少女》《ファッションリーダー》が捨て札されて万事休す。

せめて《斎木インダストリー代表取締役社長“斎木 麗名”》《環境適応スーツ》をセットしておけば…。

敗北:3-10

この時点で、しるふぃ~えるさんは2連勝していたので、この大会では仕様は発動しなさそうですw。

3戦目:圧縮ヨルムンガンド

相手のデッキが薄いです。

じゃんけん負で後攻、引き直し実行。…あぁ、圧縮デッキ相手に後攻だ。しかも引き直し後の手札にE.G.O.のキャラクターカードが1枚も無い…。

しかし、何とか勢力放置したキャラクターがE.G.O.のキャラクターカードを引き出してくれたので、2ターン目にキャラクター支配。

相手3ターン目の勢力フェイズ。放置していた《ドラゴネット》の3点ダメージ判定は全て《世界蛇“ヨルムンガンド”》w。でも《大蛇“ヨルムンガンド”》をブレイクされ、前ターンにブレイクしていた《白蛇姫》共々《バニースーツ》をセットされました。

こちら3ターン目。もちろん《バイト少女》なんて引けるわけもなく、キャラクター支配のみ。

相手4ターン目。《大蛇“ヨルムンガンド”》の4点×3回と《白蛇姫》3点×1回を全部本体に通すも8ダメージで踏みとどまりました。事故ってたせいもあると思いますけど。

こちら4ターン目。5パワーあったんで、まずは《斎木インダストリー代表取締役社長“斎木 麗名”》をブレイク。《可変翼戦闘爆撃ヘリ メガネウラ》は初手から握っていたので、デッキから《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》をサルベージ。そして《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》をブレイクし、アビリティで《可変翼戦闘爆撃ヘリ メガネウラ》をセットして形勢逆転。

相手のターン。最後の《世界蛇“ヨルムンガンド”》を引かれることも無く…。

勝利:4-8

4戦目:霊亀がしゃどくろ[八天さん]

こ、ここで当たるのか…。

じゃんけん負で後攻、引き直しせず。誰かじゃんけんの勝ち方を教えてください(泣。

相手は普通に展開するも軽ブレイクのみ。ファクターは阿羅耶識ダークロアがほぼ均等に展開しています。

こちらは4ターン目に《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》をブレイクし、アビリティで《可変翼戦闘爆撃ヘリ メガネウラ》をセット。少し無理して4パワーを挿します。

相手のターン。《巫女“熱田 静”》をブレイク。更にこちらのパワー0の《地球防衛組》《四霊“霊亀”》で横取り。《巫女“熱田 静”》に4パワーを挿しますが、《四霊“霊亀”》のパワーは0。

こちらのターン。3ダメージをバラ撒くよりは殴ろう、ということで《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》で6点×4回。相手は全部本体に。11ダメージ。20点は遠いぜw。

相手のターン。《四霊“霊亀”》のエフェクトを0コストで駆使して《土地神》3体を量産*2。更に《巫女“熱田 静”》《デビルズ・ギター》をセットします。

こちらのターン。《ジャンクバスター》《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》にセットします。でも攻撃力の計算を間違って《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》でアタック宣言してしまい、《四霊“霊亀”》ガード宣言、レスポンス《デビルズ・ギター》のエフェクト4回で一方的に撃墜されてしまいました。

相手のラストターン。残デッキは0。《四霊“霊亀”》がアタック宣言してきます。こちらキャラクターでガード宣言にレスポンスで《ムーンクロー》。残り3回のアタック宣言に対して、耐久力が高い順にガード宣言していくも、ペネトレイトが効いて8ダメージ。こちら残りの支配キャラクターは《地球防衛組》だけに。相手パワー1のキャラクターに《四霊“霊亀”》エフェクトで《鬼道士》をブレイクしてアタック宣言してきました。こちらの《地球防衛組》ガード宣言にレスポンスで《ムーンクロー》。ペネトレイトで9ダメージ。

こちらのターン。勢力フェイズで《純喫茶店員》がアタック宣言。支配キャラクターが居ないので本体に。ダメージ判定は……《新米ウェイトレス》

勝利:14-9

ミスが無ければ楽勝だったはずですよねぇ…。

結果:2勝2敗:?位

ここで階段戦が崩れて大会終了。

やはり睡眠不足は集中力の欠如に直結しますねぇ。

おまけ:バタフライ[しるふぃ~えるさん]

結局、しるふぃ~えるさんとの仕様は発動しませんでした。でも2勝1分1敗とのことでしたので、もし5回戦があったら発動していたかもしれませんね。というわけで集計作業中に今日のデッキでフリー対戦。

じゃんけん負で後攻、引き直しせず。誰かじゃんけんの勝ち方を(号泣。

相手はイレイザーメインで順調に展開し、《バタフライ・エクスプロージョン》を撃たれるも1体のみ捨て札されるだけ。

こちらは《サイボーグライダー“リゼット・K・アサギリ”》をブレイクし、アビリティで《可変翼戦闘爆撃ヘリ メガネウラ》をセット。

相手は完全に手詰まりとなるも、こちらが6ダメージでしたので、「やらないよりは~」と《電脳妖精“ラプンツェル”》のエフェクトでダメージ置き場の《バタフライ・エクスプロージョン》回収されて撃たれました。捨て札されるキャラクターは居なかったのですが、プレイヤーへの4点ダメージ判定は全部ブレイクカードでしたw。勘弁して…。

敗北:?-10


公認大会(Saga3スタイル) @ カードショップオーガ池袋店 参加12名 スイスドロー4回戦

| 公認大会(Saga3スタイル) @ カードショップオーガ池袋店 参加12名 スイスドロー4回戦 - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 公認大会(Saga3スタイル) @ カードショップオーガ池袋店 参加12名 スイスドロー4回戦 - つかの4割戦記

食べそびれた昼食をとって、ゲマ屋をひやかしてから会場入りします。

使用デッキ:風雲クラリス城 ver3.00

使おうと思っていたデッキが、なぜか枚数が足りません。どうもキャラクターカードが不足している模様。仕方なく、もうひとつ組んであったクラリスで参戦です。

1戦目:青単クラリス

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

そして寝不足による集中力の欠如が発動して、キャラクターカードを置く順番を間違えてWIZ-DOMのキャラクターを支配できなくなるミス。

そして相手に先出しされる《マッドアルケミスト“クラリス・パラケルスス”》

頑張って《ホムンクルス・アポカリプス“Works666”》をブレイクするものの、メインフェイズ終了時にファストタイミングで横取りされて、ココロが折れました。

敗北:0-10(投了時2-2)

2戦目:ヨルムンガンド[しるふぃ~えるさん]

はいはい、仕様仕様。

じゃんけん負で後攻、引き直しせず。もはやじゃんけんに負けてホッとする自分が居たりしますw。

そして寝不足による集中力の欠如が発動して、《マッドアルケミスト“クラリス・パラケルスス”》を埋めてしまうミス。「ターンエンド」って言った後の自分の手札を見てびっくりするアホっぷり。

そして、相手に先出しされる《大蛇“ヨルムンガンド”》《世界蛇“ヨルムンガンド”》

こちらのターン。《マッドアルケミスト“クラリス・パラケルスス”》《リビングキャッスル“ノイベルシュタイン”》のどちらをブレイクするか悩み、《マッドアルケミスト“クラリス・パラケルスス”》をブレイク。でも結果的にはどちらでも関係無かったっすw。

相手のターン。《世界蛇“ヨルムンガンド”》《アルテミス・ボウ》をセット。無理無理。

敗北:2-10

3戦目:ダニエル・ブリュンヒルト・クララ

じゃんけん負で後攻、引き直し実行。

相手が先に《死乙女“ブリュンヒルト”》をブレイク。

こちらは《マッドアルケミスト“クラリス・パラケルスス”》をブレイク。でも手札にブレイクカードが全く無いのですw。

相手のターン。《リバイバー“クララ・クロオーネ”》をブレイク。《死乙女“ブリュンヒルト”》に攻められるも、《ホムンクルス・ソア》でいなしてみます。

こちらのターン。逆に《マッドアルケミスト“クラリス・パラケルスス”》のコスト代理払いアビリティを使って《ホムンクルス・メイド》でちくちくアタックしてみたり。

2ターンくらい経過した相手のターン。《ジャッジメント“ダニエル・ポーラン”》をブレイク。えぇと、それ想定外です。仕方なく《クリーチャー・クリエイト》をレスポンスで使用して《ホムンクルス・フローリスト》《ホムンクルス・パターン》を手札に戻し、メインフェイズエンドまでに相手のパワー0のキャラクターを奪ってみました。ついでに《ホムンクルス・アポカリプス“Works666”》でも奪ってみたのですけど…。

こちらのターン。当然《ホムンクルス・アポカリプス“Works666”》のリムーブのコストを払えるわけが無く*3、アクティブキャラクターに。もちろんアタックされて本体に通して8ダメージ。メインフェイズに入ってから《ホムンクルス・アポカリプス“Works666”》を重ねブレイク*4。そして、ついうっかり《マッドアルケミスト“クラリス・パラケルスス”》のコスト代理払いアビリティを使って《ホムンクルス・アポカリプス“Works666”》をアタック宣言させてしまい、《死乙女“ブリュンヒルト”》と相撃ちで10ダメージになってしまいました。

敗北:6-10

酷いミス連発だねぇ…。

4戦目:夏海&みっちぃ

じゃんけん勝で先攻、相手引き直しせず。

こちら早々に《リビングキャッスル“ノイベルシュタイン”》をブレイク。次ターンにはアタックしておいてデッキを薄くしておきます。

相手2ターン後くらいに《南国スク水少女“喜屋武 夏海”》をブレイクされ、あまり相手本体に通らなくなりました。でもオフェンシブがある分有利なので、アタック宣言はしておきますが。

そしてアタックコストで《マッドアルケミスト“クラリス・パラケルスス”》が戻ってきたのでブレイクしておきます。

相手2ターン後くらいに《エクストリーマー“天野 ミチル”》をブレイク。もうその位では驚かないのですぜ。しかし厄介な相手ではあります。相手次ターンに《ソウルリンク》《エクストリーマー“天野 ミチル”》に使用されて攻められました。

相手その次のターン。やけになったのか、《エクストリーマー“天野 ミチル”》でアタック宣言されました。こちら《リビングキャッスル“ノイベルシュタイン”》でガード宣言、相手《南国スク水少女“喜屋武 夏海”》でシンクロアタック宣言、こちら《マッドアルケミスト“クラリス・パラケルスス”》のエフェクトを2回使用して《リビングキャッスル“ノイベルシュタイン”》の攻撃力と耐久力を上げ、バトル突入して《エクストリーマー“天野 ミチル”》だけが捨て札に。

以後《リビングキャッスル“ノイベルシュタイン”》で攻めて相手デッキアウトでした。

勝利:6-3

結果:1勝3敗:?位

眠気は感じていなかったのですけど、このミス連発っぷりから察するに、相当集中力が無かったのでしょうね。睡眠は大切です。

それにしても、クラリス4人、ヨルムンガンド2人とかどーゆー環境なんでしょ?


*1:何か最近、こんな書き出しばかりのような…(汗)。

*2:1体はダメージ置き場から、2体は捨て札置き場から召還。

*3:相手に指摘されるまで気づきませんでした。メインフェイズ開始って言った後に勢力フェイズまで巻き戻してます。

*4:今考えますと、勢力フェイズにアタックされた時点でレスポンスして重ねブレイクしておけば良かったんですね。