つかの4割戦記

勝率4割前後のトホホあくえりプレイヤーの書く、対戦レポート中心の週記です。もしかしたら月記かもしれません。
基本的にカードゲーム アクエリアンエイジ 以外の事を書くことは無いでしょう。
デッキレシピなんかも書いていますが、てきとーに組んでいるか、コンセプトが実用的でない場合が多いので、参考にはならないと思います。

2009/06/06 (Sat)紙束…

「絶神の戦車」発売記念ブースタードラフト(Saga3スタイル) @ アニブロAKIHABARAゲーマーズ本店 参加21名(6名×1卓、5名×3卓) スイスドロー3回戦

| 「絶神の戦車」発売記念ブースタードラフト(Saga3スタイル) @ アニブロAKIHABARAゲーマーズ本店 参加21名(6名×1卓、5名×3卓) スイスドロー3回戦 - つかの4割戦記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「絶神の戦車」発売記念ブースタードラフト(Saga3スタイル) @ アニブロAKIHABARAゲーマーズ本店 参加21名(6名×1卓、5名×3卓) スイスドロー3回戦 - つかの4割戦記

以前の横浜の例があったもんで、電話で予約しておいたのです。14時受付開始と聞いていたので、14時10分頃到着してみましたら、1卓だけもう始めそうな雰囲気だったんです。正直「?????」な気分だったんですけど、店員さんも何かテンパっていたのでおとなしく待つことにしました。後で八天さんとば~ど☆さんの方を見て事情は判ったのですけど、そんな主張をした方々はもっと自重した方がいいと思いました。

残りの参加者は15人とのことなので、5人卓×3で振り分けることに。2卓分名前が呼ばれた時点で、残り面子にcircusメンバーが3人…。

おおまかなピック状況

戦車→皇帝→戦車→戦車→皇帝→戦車の順。

最初のパックの中に《妙音鳥“迦陵頻伽”》があったので、今日はイレイザーメインにしようかと思っていたのですが、このパックではイレイザーのキャラクターは1枚も流れて来なかったので、誰かとカブったかなーと思っていたんですよ。

次のパックで、《ピュア・ブライトネス“一色 真純”》SPと、《示現竜雲耀の太刀“竜造寺 津那美”》と、《コープスダンス》とドローキャラ2枚と…、というブードラではかなり困るパックを引いてしまいました。かなり悩んで、《ピュア・ブライトネス“一色 真純”》をピックしてE.G.O.メインに転向しました。

しかーし、キャラクターカードはそれなりに順調に取得できたものの、メインっぽいカードは4番目のパックで流れてきた《妙声鳥“迦陵頻伽”》1枚と《超融合戦闘機“ブレイブジェット”》1枚だけでした。

結局、メイン級が上記3枚だけの紙束が完成しました。正直勝てる気がしません。キャラクターカード33枚(内ドローキャラ7枚)で、勢力比率はE.G.O.×12、阿羅耶識×4、WIZ-DOM×6、ダークロア×3、極星帝国×0、イレイザー×8です。

先週のブードラの面子が善良過ぎたのかなー…。

1戦目:ふせまさるさん

えぇと、同じ卓に居ますと、見ないようにしていても何となく判ってしまうものでして…。正直、初戦不戦勝で勝ち点を稼げたのはラッキーだったとしか…。

不戦勝:0-0

2戦目:青緑[おやかたさん]

じゃんけん勝で後攻、引き直しせず。

2ターン目の勢力フェイズで《妙声鳥“迦陵頻伽”》がダメージに落ちまして、このデッキの勝ち筋が1つ消えました。

4ターン目か5ターン目くらいに《リビングキャッスル“ノイベルシュタイン”》をブレイクされました。

これ以上は書くことがありません。orz

敗北:1-10

そうそう、《ピュア・ブライトネス“一色 真純”》はデッキの底に居ました。ナイスカットでした。

3戦目:赤黄[ば~ど☆さん]

あぁ、今日は身内とだけの対戦か…。

じゃんけん負で後攻。手札はキャラクターと軽ブレイクだけ。正直、初手にメイン級のカードが無いとハナシにならないのは経験済みでしたので引き直し実行。《ピュア・ブライトネス“一色 真純”》が手札に来たのはいいのですが、E.G.O.のキャラクターカードが皆無になりました。orz

しかし、勢力放置で何とかE.G.O.のキャラクターカードを引き出せましたので、5ターン目あたりでE.G.O.3ファクターとなりました。

相手返しのターンで《示現竜雲耀の太刀“竜造寺 津那美”》をブレイク。でも平挿しでした。

こちらのターン。《ピュア・ブライトネス“一色 真純”》をブレイクして、相手のパワーを飛ばしてみました。《示現竜雲耀の太刀“竜造寺 津那美”》のパワーは1でしたので、《付き添い巫女》とかでシンクロされてもこちら的にはOKと相手に思わせるために5回アタック宣言しておきました。相手は本体に通したり、インターセプトしたりで6ダメージに。

以後、相手は《示現竜雲耀の太刀“竜造寺 津那美”》をフルパワーにするのでこちらが対処できず*1E.G.O.の軽ブレイクを量産して対抗しつつ《超融合戦闘機“ブレイブジェット”》を待つ展開となっていたところでタイムアップでした。

引分:6-5

残デッキはこちらの方が薄かったので、最後までやっていたら負けていたでしょう。

そうそう、《示現竜雲耀の太刀“竜造寺 津那美”》のアタックを本体に通したときに出てきたアクティブキャラクターのアタックを本体に通したときに、2点ダメージの1点目で1枚だけ仕込んでおいた《直感》が出てきてくれました。以上、ヴァイスシュバルツ体験会の報告でした。

結果:0勝1不戦勝1分1敗:3位

おやかたさんが優勝したので、オポーネントで3位になりました。正直こんな紙束でラッキーだったとしか…。

分配レアは、引いた順に、

《プリンセス・ローズ“ローズマリー・フォンブリューヌ”》SP
《妙声鳥“迦陵頻伽”》SP
《メタルファイター“YUKANA”》
《示現竜雲耀の太刀“竜造寺 津那美”》
トレカフェア10ポイント*2
《ブラーク》
10周年記念パック第2弾
《狼巫女“三峯 冴子”》SP

でした。

10周年記念パック第2弾の中身は《地母神“女か”》でした。ワタシ的には、唯一足りないカードでしたので当たりだったかと。


*1:「インターセプト バインド1 シンクロ」のキャラクターが地味に嫌でしたねぇ…。

*2:5人で2ポイントずつあったので、細切れで各自持っていくよりはまとめた方がいいかなということで、レア同等品として扱っていました。